ここから本文です

バルサ守護神、痛恨のPK献上…「相手が上手かったね」。自ら阻止しミスを帳消し

フットボールチャンネル 9月15日(木)15時14分配信

 バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンはチャンピオンズリーグ(CL)のセルティック戦で与えたPKは相手が一枚上手だったと語った。13日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現地時間13日にホームで行われたセルティック戦に7-0と圧勝したバルセロナだが、1-0の場面で迎えた24分にT・シュテーゲンが相手FWムサ・デンベレをエリア内で倒し、PKを与えていた。

 痛恨のPK献上についてT・シュテーゲンは「(ボールに行くのが)遅かった。自分のミスだった。強い接触ではなかったが、相手が上手かったね」と振り返った。

 同点に追いつかれるピンチの場面だったが、自らでPKを阻止してミスを帳消しにし、無失点で試合を終えている。

「自分のミスからだから、止められてよかった。少しの幸運と、もちろん準備が功を奏したね」と安心の表情を浮かべている。

 今季は待ち望んでいた正守護神の座を手にいれたT・シュテーゲン。昨季まではCLが主戦場だったが、今季はリーグ戦でも出場機会を確保している。

フットボールチャンネル

最終更新:9月15日(木)16時13分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

サッカー情報満載!
『フットボール批評』と『フットボールサミット』の編集部が制作するWEBサイト。
他では読めない圧倒的な論説で、世界中のサッカー情報をお届けします!