ここから本文です

「今後の日本代表を担う!」セビージャ清武、“救世主誕生”に高まる期待

フットボールチャンネル 9/15(木) 16:54配信

 フットボールチャンネル制作のウェブ番組『F.ChanTV』。第21回はゲストとしてお笑いコンビ・バンビーノの石山大輔が登場した。番組では第7回ですでに共演しているメインMC小嶋真子と、開幕直後の欧州主要クラブの戦力診断を行った。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

『F.Chan TV』で行った戦力診断では、昨季までハノーファーでプレーし日本代表としても活躍するMF清武弘嗣が加入したセビージャがBランクに入った。セビージャは昨季史上初のヨーロッパリーグ(EL)3連覇を果たしたリーガ・エスパニョーラの強豪チームである。

 石山は、「セットプレーもトップクラスで万能な選手。右も左も同じように蹴れる。今までもそのような選手はいたけど、彼ほどすごくはなかった」と、清武を称賛。「日本代表を担う選手。スペインは定着するまでが難しいと言われている中で、もう定着してますよね?数少ないスペインで活躍できる選手として頑張ってほしい」と石山が話すと、「俺たちのキヨ!」とMCの小嶋真子も同調した。

 セビージャは、EL3連覇に導いたウナイ・エメリが今季からパリ・サンジェルマンの監督に就任し、チリ代表監督としてコパ・アメリカ2015を制したホルヘ・サンパオリが新監督に就任した。新監督を迎えた今季は、チャンピオンズリーグで決勝トーナメント進出を目標に掲げている。

 そんな強豪チームの戦力を支えているのが、スポーツディレクターを務めるモンチ氏である。同氏は世界屈指のスカウティング力を持っていることで知られており、過去にもDFダニエウ・アウベスやMFイヴァン・ラキティッチらを発掘している。これまでスペインで日本人選手が活躍することは難しいと言われていただけに、そんな彼に実力を認められた清武に寄せられる期待は大きい。

 日本代表はW杯最終予選の初戦でUAE相手にホームで黒星、と最悪のスタートを切った。そんな中で今季強豪チームに移籍した日本代表MF清武弘嗣は、この悪い流れを断ち切り日本代表の救世主となるため、スペインでさらなる成長を遂げることはできるのだろうか。

(文:浜川絵理)

フットボールチャンネル

最終更新:9/15(木) 17:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。