ここから本文です

U-16日本代表、W杯出場懸けアジア選手権へ。森山監督…「本当に簡単じゃない戦い」

フットボールチャンネル 9/15(木) 17:50配信

 U-16日本代表の森山佳郎監督が、今月16日からインドで開催されるAFC・U-16選手権の初戦となるベトナム戦の前日会見に出席し、試合への意気込みを語った。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 FC東京U-18の久保建英や平川怜、横浜FMユースの棚橋尭士、セレッソ大阪U-18の瀬古歩夢らを擁する日本は、ベトナム、キルギス、オーストラリアと同じグループBに組み分けられている。

 森山監督は「厳しいグループに入ったと思ってます」と述べるも、準々決勝進出チームに与えるU-17ワールドカップの出場権獲得に意欲を燃やした。

「グループが非常に厳しい戦いになるので、まず一戦一戦大事に戦って、最終的にこのグループ上位1位、2位にかかわらず、しっかり突破を決めてワールドカップへの代表決定戦に勝つ。それが全てだと思うので、そこは目標にしています。本当に簡単じゃない戦いだと思うし、これは必死になってやっていかないと」

 対戦相手のベトナムについては、「近年本当に力つけてきて、もともとスピードやアジテリィに長けて、かなりテクニカルな選手が多い。そういう選手が沢山いるということで、非常にケアしないといけないなと感じてます。優勝が可能だと思っている全てのチームにチャンスがあると思います」と警戒を強めている。

 AFC・U-16選手権は16チームが4グループに分かれてグループステージを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。準々決勝に進出した4チームが、来年インドで開催さけるU-17ワールドカップの出場権を獲得する。

 日本は昨年チリで開催されたU-17ワールドカップを5大会ぶりに逃しており、2大会ぶりの本戦出場に期待がかかっている。

(取材:元川悦子・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:9/15(木) 19:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。