ここから本文です

久保建英らに敵将も警戒強める…「成長している」。U-16代表はW杯出場懸けアジア選手権へ

フットボールチャンネル 9月15日(木)18時12分配信

 U-16日本代表は、インドで開催されているAFC・U-16選手権のグループステージ初戦でベトナムと対戦する。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 日本はFW久保建英やMF平川怜(ともにFC東京U-18)、FW棚橋尭士(横浜FMユース)、DF瀬古歩夢(C大阪U-18)らを擁しており、ベトナム、キルギス、オーストラリアと同じグループBに組み分けられている。

 初戦の対戦相手であるU-16ベトナム代表のナム・ディン監督は、日本の警戒すべき選手として久保や瀬古らを挙げている。

「日本のいくつかの情報を得ているし、前に対戦したゲームを見ても、数人の危険な選手がいる。10番(MF福岡慎平、京都U-18)、7番(DF菅原由勢、名古屋U18)、5番(瀬古)はとてもいい選手。10番、9番(久保)、17番(MF瀬畠義成、JFAアカデミー福島U18)、21番(作田龍太郎、神戸U-18)は成長している選手だと思います」

 また、グループステージの3戦目の相手でもあるオーストラリアのアントニー・ヴィドマー監督も、「日本はアジアのトップチームだし、ユース育成システムも進んでいてファンタスティックな国だと思う。個々の選手も優れているが、日本は新しいフットボールを見せると思うので楽しみだし、日本を見るのが楽しみだ。彼らは我々のビッグライバルだと思う」と述べた。

 同大会は、16チームが4グループに分かれてグループステージが行われ、上位2チームが決勝トーナメントに進出する。準々決勝に進出した4チームが、来年インドで開催されるU-17ワールドカップの出場権を得ることができる。

(取材:元川悦子・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:9月15日(木)18時25分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]