ここから本文です

モウリーニョ、ELの位置づけを率直に語る「マンUの望んでいる大会ではない」

フットボールチャンネル 9/15(木) 20:10配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ初戦に臨むにあたり、クラブや選手たちにとってモチベーションを持つのが難しい大会であることを認めている。14日付の英メディア『スカイ・スポーツ』などが同監督のコメントを伝えた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ユナイテッドはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指して昨季プレミアリーグを戦っていたが、CL出場に必要な4位以内を逃す結果に終わり、ELで戦うことになった。現地時間15日に行われるEL初戦では、オランダのフェイエノールトとアウェイで対戦する。

 モウリーニョ監督はこの試合に向け、主将のウェイン・ルーニーら主力数名を外した招集メンバーを発表している。数年前まではCLで優勝を目指して戦っていたユナイテッドにとって、本来戦いたい大会ではないことは指揮官も率直に認めた。

「マンチェスター・ユナイテッドの望んでいる大会ではない。私や選手たちの望んでいる大会ではない。だが我々の出場している大会であり、それが現実だ。リスペクトを持って大会に臨まなければならないし、この大会で優勝したいと思っている」

 モウリーニョ監督はさらに、ELが「全ての選手にとって大きな夢ではないことは分かっている」ともコメント。だからこそ、試合に向けて選手たちのモチベーションを高められるように努めたいと語った。

 昨季ELでデンマークのミッティランに苦戦を強いられたことを教訓とし、対戦相手や大会を軽視すれば危険であることも指揮官は強調している。まずは適切なアプローチで初戦に臨み、グループ突破に繋がる結果を出したいところだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/15(木) 20:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。