ここから本文です

目指すのは、○○のアトの肌!”ツヤ”を出して「魅力的な人」になる簡単な方法とは?

ダ・ヴィンチニュース 9/15(木) 11:00配信

 「もう少し鼻が高かったらなあ…」「二重まぶただったら人生変わっていたのに…」。誰しも顔に何かしらのコンプレックスがある。しかし、そういった自分の顔の「“ブス”な部分は放っておくことで、美人な部分とのアンバランスさがとてつもない魅力になる」と主張するのは、『生まれつき美人に見せる』(ダイヤモンド社)の著者・吉川康雄氏だ。

 NYを拠点に活躍するメイクアップアーティストであり、各国の『VOGUE』のカバーも手掛ける著者は、世界のトップモデルや女優に多数、メイクを施してきた。しかし、ぐうの音も出ない完璧な美人には出会ったことはないという。トップモデルのデヴォン青木や、カレン・エルソンを初めて見たときの印象は、「変な顔をした生き物だなあ」だったとか。それでも、何だか目が離せない。これは大きな魅力。「ブスはアクセントになる」と著者は言う。

――人間は、「ちょっと変だな」というものに一番惹かれる。変な部分があるというのは、立派な個性であり、あなただけの美しさをつくるための大切な要素。だから、自分の変なところに簡単に×をつけてはいけません。ブスと美人の部分のアンバランスさは、とてつもない魅力を生むのです。

 本書を読んでから、電車の中で女性の顔を観察するようになった。真っ先に目がいくのは、やはり「ちょっと変だな」と思う部分。それが魅力的な人もいるし、そうでない人もいる。その差は一体なにかと言うと、「美人な部分を磨いているかどうか」。一重まぶたでも肌が抜群にキレイだったりすると、その透明感と目のぼんやり感が絶妙な魅力に映る。しかし、“ブスな部分、プラス、他も手抜き”という女性にはまったく目がいかない。

 著者が一貫して主張するのは、“ツヤ”の大切さだ。ツヤには人間を惹きつける魔力があるという。そのツヤを作るためにはどうすればいいか? それは、一に保湿、二に保湿。「多少テカっても、ニキビになっても、コッテリ保湿している方が肌はキレイ」。たっぷりとクリームとオイルで保湿し、ファンデーションもオイルタイプを使用する。徹底した保湿が、男性を釘づけにする肌作りの基本だ。

「目指すのは、○○のアトの肌」――幸せそうで、ちょっと恥ずかしそうで、高揚感がにじみ出ている色気がある。男の本能を揺さぶるこの肌を通常モードにするために鍵となるのは、チーク。人工的なピンクではなく、内側からにじみ出てきたような色を選ぶこと。そのためには、「色を出そう」とするのはNG。チークの色を見せるのではなく、色がにじみ出るようなつけ方がポイントだそう。本書には、チークだけでなく、「思わずキスしたくなるアイメイク」「セクシー担当のリップ」など、いますぐ実践したくなるテクニックがてんこ盛りだ。

 本書を読んで、自分の顔に自信が持てた…わけではないが、「わたしでも少しは魅力的になれるかも!」と前向きな気持ちになれた。数あるメイク本の中でも、ぜひ多くの女性に手に取ってほしい一冊だ。

文=尾崎ムギ子

最終更新:9/15(木) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。