ここから本文です

西原理恵子『毎日かあさん』9月11日回の“ある言葉”が「重い」「身に沁みる」 と話題

ダ・ヴィンチニュース 9/15(木) 17:30配信

 2016年9月11日(日)に発刊された『毎日新聞』に掲載されている『毎日かあさん』の内容が素晴らしいと、Twitterで大きな話題になっている。「はっとさせられました」「教科書に載せたい」「これは本当に良い話」と、読者の心を強く打っているようだ。

 『毎日かあさん』は2002年より『毎日新聞』朝刊に週一回掲載されている西原理恵子による漫画。西原自身の家族のエピソードをモチーフに、主婦の日常生活や、子育てに関する奮闘がリアルに描かれており、子供から母親、お年寄りに至るまで幅広い層のファンを獲得している。単行本も発売されており、2009年にはアニメ化、2011年には実写映画化もされた。

 11日の『毎日新聞』では“お金を稼ぐこと”を題材に、西原の上京~売れていくまでの話が描かれた。20歳で上京した西原、「目標は月収30万円」と意気込む。30万円の内訳は生活費諸々に20万円で10万円が貯金というもの。パブでのバイトと、西原曰く「エロ本のカット描き」で生活がスタートした。5年後にはエロ本のカットだけで収入が30万円になり、定食屋で贅沢をして、無職の彼氏とも別れた。貯金が60万円になると2DKの部屋へ引っ越し。そして貯金が100万円になったときに「これでやっと風邪がひける」と安心したのだった。最後は「お金を稼ぐということは 自由を手に入れることだった」という言葉で締められている。

 「これでやっと風邪がひける」、この言葉に共感した人は非常に多いようで「このコマで泣きそうになってしまった」「このコマを見落とさない感性の人が世間に多いといいな」「力のある言葉」「痛いほどわかって泣けた」「すごく重くて身に染みる」と男女問わず反響が続出した。

 この大反響を受けてか、Amazonの「本の人気度ランキング」(過去24時間で最も売上が伸びた商品)で『毎日かあさん13 かしまし婆母娘(ばばははむすめ)編』(毎日新聞出版、10月22日発売)が一位に輝いた(9月12日付)。何気ない一言が強く心に染みる『毎日かあさん』、自分の人生観が変わるのは、案外こんなほのぼのした漫画だったりするのかも。

最終更新:9/15(木) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。