ここから本文です

「リツイートはやめろ」宇野常寛・吉田尚記が語る“新しい地図の見つけ方”

ダ・ヴィンチニュース 9/15(木) 17:30配信

 「リツイートはやめろ」「村上春樹よりドラえもんを読め」「ノンポリのオタクであれ」などなど、“新しい世界”を生きるための指針を明快かつ具体的に示す対談が、一冊の本にまとまり9月15日に刊行された。批評誌『PLANETS』編集長・宇野常寛と、ニッポン放送アナウンサーで「マンガ大賞」発起人でもある吉田尚記による対談本『新しい地図の見つけ方』だ。

 これから来る“新しい世界”に対して漠然とした不安を抱いている人は少なくないと思うが、宇野は「ちょっとした好奇心と冒険心を用いて、この新しい世界を楽しんでもらいたい。そんな願いを込めて話し合ったのがこの本です」と語る。ではなぜ新しい世界を楽しむために「リツイートはやめろ」なのか、二人の理知的でありながら実に楽しげな対話に触れてみてほしい。吉田が「ネットという今最も世間の目に触れる場所に背を向け、出版という秘密基地に篭って、実は自分たちだけが楽しい会話を繰り広げていたのが、この本です」と明かす通り、気鋭の論客であり、かつ気心の知れた友人同士である二人の会話には、明るい未来への希望があふれているのだから。これから新しい世界へ踏み出していく若い世代にとって、文字通り希望を与えてくれる一冊になるはずだ。

最終更新:9/15(木) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。