ここから本文です

米ダイエット大手、「オプラ効果」も期待外れで株価下落 CEO辞任へ

Forbes JAPAN 9/15(木) 7:00配信

米人気司会者のオプラ・ウィンフリーは2015年10月、ダイエットプログラム大手ウェイトウォッチャーズ・インターナショナル(Weight Watchers International)の株式10%を購入すると同時に、同社の顔となることに合意した。この「オプラ効果」で、数週間以内に同社の株価は300%上昇。もちろんウィンフリー自身も数億ドルの利益を得た。



同社は、ダイエット食品の販売や顧客の健康管理を支援を行う企業。オプラ自身も同社のプログラムで減量に成功していた。

当時ジム・チェンバーズCEOは「オプラとの会話を通じて、彼女の意向と当社のミッションに合致するものがあることがわかった」「人々とつながり、彼らに刺激を与えて潜在的な能力を発揮させるという彼女の素晴らしい能力は、当社のコミュニティーと補完関係にある」と話していた。

だがオプラによって生み出された投資家たちの高い期待感は、ほぼ完全に消滅している。2015年秋にオプラ効果で最高潮に達した同社の時価総額は、そこから10億ドル(約1,017億円)近く減少。そして今、オプラとのパートナーシップ契約を取りつけたCEOが同社を去ろうとしている。

9月12日の取引終了後、ウェイトウォッチャーは、ジム・チェンバーズがCEOを辞任し、9月末までに退職すると発表した。

同社はこれから、3年にわたってCEOを務めてきたチェンバーズの後任探しを始めるという。新CEOが決まるまでは、ニコラス・ホッチキンCFOと2人の取締役が経営のかじ取りを行う。

ウェイトウォッチャーの株価は、時間外取引で5.4%安の9.80ドルに下落。これはオプラが契約した昨年秋の28ドルを大幅に下回り、またオプラが同社との契約を発表する前の6.79ドルをわずかに上回る程度の価格だ。現在の同社の時価総額は、6億ドル(約610億円)となっている。

同社はまだ、オプラとの契約から金銭的利益を得ていない。2016年の第1四半期(1~3月期)と第2四半期(4~6月期)は売上高も利益も、前年同期よりも低かった。

これまで同様、ウェイトウォッチャーの中心人物はレイ・デベイン会長。彼が所有する投資会社が、ウェイトウォッチャーの株の半分近くを保有している。だが2番目の大株主はオプラ・ウィンフリーで、デベインは12日、次期CEOの決定にはオプラも携わると強調した。

「オプラ・ウィンフリーと私を含む取締役会のメンバーは、次期CEO探しに積極的に関与する。新CEOと協力して、ウェイトウォッチャーの未来を形づくっていくのを楽しみにしている」と、デベインは声明で語った。

Nathan Vardi

最終更新:9/15(木) 7:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。