ここから本文です

スペイン人記者が明かす、久保建英のすべて<2>――卓球でも類稀な才能を発揮。本業ではゴールを決め続けた

SOCCER DIGEST Web 9/15(木) 6:00配信

得点嗅覚は同世代の子どもたちを凌駕していた。

 2011年にバルサ入団が決まった久保は、バルセロナという町とクラブにすぐさま馴染んだ。もちろん初めての海外生活ではあったが、母親も海を渡りバルセロナで一緒に暮らしたため、生活面に大きな支障はなかった。久保の母親はカンテラ周辺で多くの人に好かれていた女性だった。ちなみに、久保の弟エイジもバルサスクールに入団している。
 
 誰もが驚かされたのは、その明晰な頭脳だ。彼はバルセロナに到着してからわずか2か月後には、すでにスペイン語を正確に操っていた。バルサの選手寮「マシア」(バルサの下部組織の総称でもある)でも、久保は瞬く間に人気者になった。
 
 彼がマシアの中で特別な存在だったことを示す、ひとつのエピソードがある。当時のマシアでは、久保と卓球で対戦するために、いつも長い列ができていたという。サッカーだけでなく、卓球でも類稀な才能を発揮した久保の“伝説”は、今も語り継がれている。複数の目撃談によれば、その腕前はサッカーと同様、スペクタクルそのものだったそうだ。
 
 もちろん本業のサッカーでも、彼は練習初日からカンテラを騒がせた。最初に加わったのは11-12シーズン、チームはアレビンC(11~12歳のカテゴリー)で、当時はアレックス・ゴメスが監督を務めていた。
 
 この世代は7人制のサッカーで、久保は3-2-1システムのFW。私の記憶に残っているのは、彼がとにかくゴールを決め続けていたことだ。得点嗅覚は同世代の子どもたちを凌駕しており、この年齢にしては精度と決定力がずば抜けて高かった。
 
 そうしたテクニカルな才能はすぐさま話題となり、各方面から高い評価を得たが、私がなによりも惹かれたのは、まだ小さな少年でしかなかった彼が内に秘めていた、類稀なフットボール・インテリジェンスだった。これにはもちろん戦術的な部分も含まれる。
 
 当時の久保はピッチ上の誰よりも状況判断が的確で、ゲームの全体像を把握していた。無駄なことはせず、常に効果的なプレーを、最適のタイミングで選択する。仲間との連係も意識し、チームプレーヤーとしての能力も素晴らしかった。同じチームには当時のカンテラ(下部組織)のディレクターを務めていた元スペイン代表のギジェルモ・アモールの息子、ギジェ・アモールもいたが、彼とも好連係を築いていたものだ。
 
 翌12-13シーズンは久保と、彼の所属していたバルサのアレビンA(アレビンはA~Dに分かれる)にとって最高のシーズンとなる。アレビンAは29勝1分けという圧倒的な成績で優勝。ひとつの引き分けは同じ町のライバルでもあるエスパニョールとのアウェーゲームだったが、久保に率いられたチームはシーズンを通じて大量278ゴールを挙げ、失点はわずか18だった。
 
 このチームは多くの名誉あるトーナメントでも優勝している。ロシアで行なわれた「Young Talents Cup」ではゼニトを3-0で、エルチェでの「Fair Playトーナメント」ではエスパニョールを4-1でそれぞれ下して優勝し、さらに「MIC」、「アロウサ・トーナメント」も勝ち取った。そして、リーガの20クラブの下部チームが参加するリーガBBVAにおいても、マルク・セッラ監督率いるチームは2-1でバレンシアを破って頂点に立ったのである。

「中学生だよね?」市船指揮官も感嘆する久保建英の存在感。帰国後1年半の成果はどこに?

◆プロフィール
久保建英(くぼ・たけふさ)
2001年6月4日、神奈川県川崎市生まれ。167センチ・59キロ。小学1年で地元の川崎市麻生区の少年少女を対象にした「FCパーシモン」に入団。小学3年からは1学年上の川崎フロンターレU-10でプレー。09年に横浜で開催された「FCバルセロナキャンプ」で脚光を浴び、11年8月にバルセロナの下部組織に加入する。チームの中心選手として活躍するが、その後、未成年の海外移籍を禁止するFIFA規約第19条に抵触するとして、バルサでの公式戦出場を禁じられると、15年3月に帰国を決断。FC東京U-15むさしに入団する。現在は飛び級で、FC東京U-18でプレー。U-17日本代表にも名を連ねる。
 
文:オリオル・ドメネク(ムンド・デボルティーボ紙)
翻訳:豊福 晋(サッカーライター)
 
※『サッカーダイジェスト』9月22日号(9月8日発売)より抜粋
 

最終更新:9/15(木) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。