ここから本文です

【CL】マドリーがロナウドの古巣相手に劇的勝利!& 日本人3選手は出場せず etc.

SOCCER DIGEST Web 9月15日(木)6時35分配信

レスターとドルトムントは快勝、セビージャは強豪から勝点奪取。

 9月14日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグ(CL)はグループステージ第1節のグループEからHまでの8試合、およびグループCの順延分1試合が行なわれた。
 
 昨日、雷雨によって順延となったマンチェスター・シティとボルシアMGの一戦は、1日遅れで開催され、セルヒオ・アグエロのハットトリックなどで、ホームチームが圧勝での白星スタートを切っている。
 
 今節で最も劇的な幕切れとなったのは、レアル・マドリーとスポルティングの一戦。ホームのマドリーは後半開始早々に先制を許し、以降は得点を奪えないまま、時間が過ぎ去っていく。
 
 いよいよ敗色濃厚となった89分、起死回生の同点ゴールを奪ったのは、戦前、この古巣との対決を「特別な試合」と語っていたクリスチアーノ・ロナウドだった。
 
 さらにアディショナルタイムが5分を過ぎたところ、ハメス・ロドリゲスのパスからアルバロ・モラタが決め、ディフェンディングチャンピオンは劇的なかたちで勝点3を手に入れた。
 
 一方、トッテナムも、実力で劣るであろうモナコに2点のリードを許したが、こちらはトビー・アルデルワイレルドのゴールで1点を返すに止まり、ホームで痛い黒星を喫している。
 
 この日は、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(セビージャ)の日本人3選手のプレーに期待が高まっていたが、いずれも出場はなし。岡崎はベンチ入りもしなかった。
 
 レスターは初参戦のCLで、アウェーマッチながらクラブ・ブルージュを3-0で完封と幸先の良いスタート。ドルトムントも、同じくアウェーでレギア・ワルシャワと対戦し、マリオ・ゲッツェの先制弾を皮切りに、大量6点を挙げて大勝した。
 
 セビージャは、強豪ユベントスと対戦。速い攻めで何度も得点機を作ったユベントスに対し、セビージャはのらりくらりとボールを繋ぎながら、最後まで相手にゴールを許さず、敵地で勝点1を獲得した。
 
 CLは第1節の全日程を終了。2節は9月27、28日に行なわれる。
 
◎CLグループステージ第1節・2日目結果
◇グループE
レバークーゼン(ドイツ) 2-2 CSKAモスクワ(ロシア)
得点:レ=メーメディ(9分)、チャルハノール(15分) C=ジャゴエフ(36分)、エレメンコ(38分)
 
トッテナム(イングランド) 1-2 モナコ(フランス)
得点:ト=アルデルワイレルド(45分) モ=B・シウバ(15分)、ルマール(31分)
 
◇グループF
レアル・マドリー(スペイン) 2-1 スポルティング(ポルトガル)
得点:レ=ロナウド(89分)、モラタ(90+5分) ス=セーザル(48分)
 
レギア・ワルシャワ(ポーランド)0-6 ドルトムント(ドイツ)
得点:ゲッツェ(7分)、パパスタソプーロス(15分)、バルトラ(17分)、ゲレイロ(51分)、カストロ(76分)、オーバメヤン(87分)
 
◇グループG
クラブ・ブルージュ(ベルギー) 0-3 レスター(イングランド)
得点:オルブライトン(5分)、マハレズ(29・61分)
 
ポルト(ポルトガル) 1-1 コペンハーゲン(デンマーク)
得点:ポ=オタービオ(13分) コ=コルネリウス(52分)
 
◇グループH
リヨン(フランス) 3-0 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
得点:トリソ(13分)、フェリ(49分)、コルネ(57分)
 
ユベントス(イタリア) 0-0 セビージャ(スペイン)
 
◇グループC(順延分)
マンチェスター・シティ(イングランド) 4-0 ボルシアMG
得点:アグエロ(9・28・77分)、イヘアナチョ(90+1分)

最終更新:9月15日(木)16時40分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]