ここから本文です

歴史的1勝をスタンドから見つめた岡崎。ラニエリが明かしたベンチ外の理由とは

SOCCER DIGEST Web 9月15日(木)16時4分配信

CLデビューはお預けとなった岡崎。

 9月14日(現地時間)、岡崎慎司の所属するレスターはチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ初戦で、ベルギーのクラブ・ブルージュを3-0で下し、見事白星スタートを切った。
 
 試合後、イギリスメディア『BT SPORTS』のインタビューに応えたジェイミー・ヴァーディーは「完璧なスタートだ。俺たちができるってことを見せつけてやった。恐れるものなんてないし、自分たちのフットボールをすれば結果がついてくるのさ」とコメントしている。
 
 さらにこの日、先制点を決めたマーク・オルブライトンは「アンビリーバブルな気持ちさ。何度も夢見てきたことだからね」と喜んだ。こうしたコメントからも分かる通り、レスターにとってこの1勝は単なるものではなく、まさに歴史的な出来事だと言えるだろう。
 
 その大舞台でのチームの躍動をベンチ外となり、スタンドから眺めた岡崎。CLデビューの機会は持ち越しとなってしまった。
 
 そんな日本代表FWの欠場理由を指揮官のクラウディオ・ラニエリが明かしている。英紙『Daily Mail』が伝えた。
 
 この試合で新戦力の大型FWのイスラム・スリマニを起用したラニエリは「私はセットプレーで身長の高い選手を必要としていた。だから岡崎をスタンドに残したんだ。5人の選択肢があるのは重要なことだよ」とコメントした。
 
 先制点がルイス・エルナンデスのロングスローから生まれたことを考えれば、セットプレーからの得点を狙ったラニエリの采配は的中したと言える。
 
 ただ、ラニエリは「岡崎がいないのは寂しい」ともコメント。指揮官のこうした発言からは信頼が感じられるだけに、岡崎にCLデビューのチャンスはいずれ回ってくるはずだ。その機会を活かせるかが、今シーズンの岡崎の出番を左右しそうだ。

【フォーメーション図】クラブ・ブルージュ 0-3 レスター

最終更新:9月15日(木)16時4分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]