ここから本文です

ACL4強が決定!日本勢全滅の一方で“爆買い”中国クラブを破った韓国勢が準決勝で激突

SOCCER DIGEST Web 9月15日(木)17時0分配信

元鹿島のカイオ、元広島のドウグラスを擁するUAEのアル・アインもベスト4へ。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝の第2戦が9月14日に行なわれ、ベスト4進出チームが決まった。東地区は韓国勢の全北現代とFCソウルがともに“爆買い”の中国クラブを撃破して準決勝に進出。また、西地区は元鹿島アントラーズのカイオ擁するUAEのアル・アインとカタールのアル・ジャイシュが準決勝へ駒を進めている。
 
 全北現代はブラジル代表のフッキ率いる中国の上海上港と対決。第1戦をスコアレスドローで終えると、ホームで行なわれた第2戦では5-0で相手を圧倒し、準決勝に進出した。FCソウルはイタリア代表のペッレ擁する山東魯能と対戦。第2戦は1-1の引き分けに終わったが、2戦合計スコア4-1で準決勝に駒を進めた。
 
 第1戦をスコアレスドローで終えていたアル・アインは、第2戦で元鹿島のカイオが躍動した。38分、左サイドでボールを受けると、得意のドリブル突破で中に切れ込み、元サンフレッチェ広島のドウグラスへスルーパス。ドウグラスのシュートは相手DFに阻まれたものの、こぼれ球をカイオが押し込んだ。元Jリーガーコンビで奪ったこのゴールが決勝点となり、アル・アインが準決勝へ進出した。
 
 準決勝第1戦は、全北現代対FCソウルの韓国勢対決が9月28日に、カイオ所属のアル・アインとアル・ジャイシュの対戦が9月27日に行なわれる。日本勢がベスト16で早々と全滅してしまった一方で、韓国勢が4シーズンぶりのACL制覇に一歩近づいている。

【2016年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ

最終更新:9月15日(木)17時47分

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]