ここから本文です

貧困に喘ぐ人と「支援者」がすれ違う根本理由

東洋経済オンライン 9月15日(木)5時0分配信

またしても前回記事(若い貧困者に本当に必要なケアとは何なのか)から間が空いてしまったが、くだんのNHKの貧困女子高生報道を端緒とする一連の騒動に凹んでいた。またそこに引っぱり戻されるの? という、猛烈な足の引っ張られ感とガッカリ感でいっぱいだ。だが気を取り直して、前回の提言を振り返ろう。

この記事の写真を見る

■つらい経験をした人ほど貧困リスクが高まる

 第1に、貧困をバックグラウンドにした虐待や育児放棄などの過酷な生育環境は、「非定型発達者」を生む。

 第2に、その非定型発達者の中には社会的排除を受けがちなパーソナリティがあり、結果として彼らの貧困リスクは高く、そこから抜け出しづらい。

 第3に、そんな環境を要因とした高い貧困リスクを抱える者たちには、脳卒中者へのリハビリ医療を発展させたような「脳の発達支援的なケア」が効力を発するのではないか。

 もちろん貧困リスクの高い者には成育環境以前に生得的(先天的)な発達障害や精神・知的な障害のある者も多いが、だが上記のようなアプローチは、成人後の暴力被害のある者や、失職や職場いじめやブラック企業勤務といった心的外傷を伴うようなトラウマ経験のある者たちに、その後の貧困ケースが多いことの裏付けと、支援へのヒントを含んでいる。

 幼少期であれ成人後であれ、つらい思いをした者ほど、その後の貧困リスクが高まる。これはその「被害経験」に対してのケアがないから。見てわかる外科的な外傷以外の、見てわからない心理的(脳機能的)外傷にケアがないという残酷な現実のもたらした結果だ。

 では、彼らに最適なケアとは、何だろうか。「発達支援的ケア」などと提言をしてみたが、ここで言っておきながら引っかかる部分がある。「社会的排除を招きがちなパーソナリティ」とは、何なのか。そもそもその排除は排除される側に問題があるのか、する側に問題があるのか。そして、そのパーソナリティは「矯正」しなければならないものなのかだ。

1/5ページ

最終更新:9月15日(木)8時5分

東洋経済オンライン

東洋経済オンラインの前後の記事