ここから本文です

デンソーが富士通テンの筆頭株主へ。自動運転などを強化

clicccar 9月15日(木)8時3分配信

自動車部品大手のデンソーは、デンソーの富士通テンへの出資比率を10%から51%に引き上げることで、富士通テンに出資している富士通・トヨタ自動車と基本合意したと発表しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



今回の合意で富士通テンの資本構成は、現在のデンソー10%、富士通55%、トヨタ35%から、2016年度内を目途にデンソー51%、富士通14%、トヨタ35%に変更される予定で、富士通の持分がデンソーに移動する形です。

デンソー・富士通・トヨタの3社が合意したデンソーの増資が完了すれば、デンソーは富士通テンの筆頭株主となり、富士通テンはデンソーグループ入りすることになります。



富士通テンは、以前からオーディオ、マルチメディアに強みを持つカーエレクトロニクスメーカーですが、近年はミリ波レーダ、周辺監視システム、緊急通報システムなど自動運転関連技術にも注力しています。

最近の自動車業界では、特に高度運転支援・自動運転関連で人と車のインターフェースをどのようにつないでいくかがカギになっており、 こうした中でデンソーは富士通テンをグループ会社として高度運転支援・自動運転・電子基盤技術を強化することを目指しているようです。



今後両社から、人と車のインターフェースに関する、どのような新技術・新製品が登場するかが期待されます。

(山内 博・画像:富士通テン)

最終更新:9月15日(木)8時3分

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]