ここから本文です

ナイスバディな選手だらけ!ボルダリングは“憧れ体型”になれるスポーツ

女子SPA! 9月15日(木)16時20分配信

 オリンピック、盛り上がりましたね! 選手たちの情熱にはこみあげてくるものがありました。観戦して思ったのですが、競技によって体形ってずいぶん変わるものなのですね。

⇒【写真】長い手足で壁を登る姿が美しい、元世界王者の野口啓代プロ

.……なんて思っていたときに、ボルダリングイベントに誘われたのですが、そういえば私の知る限り、ボルダリングをする人はみんな細マッチョだったような……。ということで、参加してきました。

◆クライミング界には世界級選手が多い!

 私が参加したのは『クライマーズ スペシャルセッション in Base Camp Tokyo』というイベント。なんでも、ボルダリングを含むスポーツクライミングは次回東京オリンピックの正式種目に採用されたとかで、クライミング文化を広めるべく『CLIMBERS(クライマーズ)』なるフリー冊子が創刊されたらしいのです。

 イベントは、発売を記念したもので、小学生以上の男女を初心者大歓迎で受付け、クライミング界の第一人者がトークや実演や指導までしてくれるとか。

 会場は、有楽町線で池袋から6分ほどの小竹向原駅にある『ベースキャンプ東京』。クライミング界の第一人者平山ユージさんのプロデュースで去年末にオープンしたボルダリング専門の施設です。

 ということで、今回の指導者には平山ユージさんも登場した他、ワールドカップ・ボルダリング種目で何度も年間総合優勝を果たしている野口啓代(あきよ)さんと、今年のワールドカップで2度の優勝を果たした若手ホープの楢崎智亜(ならさき・ともあ)さんがいらしていました。ちなみにお3方ともプロ。

 この時まで知らなかったのですが、スポーツクライミング界には、世界級の日本人選手がゴロンゴロンいるのです。これは要チェックですね、みなさま!

 プロのお三方はというと、言うまでもなく超ナイスバディ! 均整の取れた体形には程よく筋肉がついていて、しかしつきすぎてもなく、手足は細くて引き締まっていて、「憧れを体現」している感じでした。

◆運動効率がよく、引き締まるスポーツ

 3人のトークと実演の後は、参加者が3つのグループに分かれて、それぞれのプロから指導を受けてボルダリング。

 私は野口啓代さん指導のグループに入ったので、間近で野口さんの動きを見れたのですが、もうめちゃくちゃ手足が長くて、しなやかでかっこよかったです。長い手足を伸ばしてすいすい壁を上がっていく姿はずっと見ていたいほどでした。

 指導もとてもていねいで、ひとりひとりに「ここを持つといいですよ」「ここはお尻をついて始めましょう」などと声をかけてくださっていました。

 私はその横の壁で別のスタッフの方にご指導していただいたのですが、これもめちゃくちゃよかったです。なんせ、「あんなただの壁なんて上がれるはずない」と思っていた弱気な私が、「次は、右すぐが届きますよ」とか、「足を左右入れ替えると行けるかも?」というスタッフの温かいお声がけのおかげで、なんとか上がりきれたのだから!

 写真で見ると地上から50センチほどなんて高く思わないかもしれませんが、実際に上がってみるとかなり高く感じるのです。ホールド(登る際に掴む石のようなもの)5個程度の1コースもスムーズに上がれないほどでした。

 特に2回目のコースでは最後のホールドの手前で立ち往生。「次のホールドには届かないけど、降りるにも高くて降りられないよー」と泣きそうになってしまいましたが、そこで「ガンバ!」とグループの皆さま方からの励ましの声が届いたのです! ここで元気をいただけたので最後まで上がり切ることができました。

 ボルダリングは、挑戦者を励まし合う仲間感あふれるスポーツだったのです。

 結局、2回ボルダリングをしたところで、私と友人は場を辞したのですが、ほんの少しの運動だったのに体はとてつもなくヘトヘトに! しかも翌日には見事に筋肉痛になり、体が引き締まったのを感じました。それぐらいボルダリングは運動効率のいいスポーツなのだと思います。

 また、みなさん爽やかで優しく、仲良くなりやすかったので、出会いを求めたい女子にもいいかも。そしてもちろん、次回オリンピック種目となった競技ですから、東京オリンピックに向けて、内容と選手をチェックするのもいいでしょう。

 都内には、今60あまりの施設ができているというボルダリング。気軽になってきた今こそ、競技に触れるチャンスかもしれません。

<TEXT・PHOTO/にらさわあきこ PHOTO/Tetsuro Moriguchi>

女子SPA!

最終更新:9月16日(金)10時48分

女子SPA!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]