ここから本文です

軽量級とはまた違う確かなロマン。小原佳太のKO負けに階級の壁を思う。

Number Web 9月15日(木)18時1分配信

 8月末に東京・大田区総合体育館でダブル世界タイトルマッチが開催され、9月4日には“怪物”井上尚弥(大橋)がこちらも世界王座の防衛戦を行い、16日にはV10王者の山中慎介(帝拳)と元2階級制覇王者の長谷川穂積(真正)が大阪で競演する。

 大きな試合が慌ただしく続く中、一部の熱心なファンが注目する試合が9日、ロシアのモスクワで行われた。元日本・東洋太平洋スーパーライト級王者の小原佳太(三迫)が王者エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)に挑んだ一戦は、小原の2回TKO負けに終わった。

 世界タイトルマッチが頻繁に開催され、世界チャンピオンが次々と誕生する昨今においても、やはり中量級以上は日本人にとって大きな壁となっている。日本の生んだ世界チャンピオンは既に80人を数えるが(日本ジム所属の外国籍選手を含む)、スーパーライト級で世界を獲ったのは藤猛、浜田剛史、平仲明信の3人のみ。平仲が世界王者となったのが1992年の4月だから、小原は実に24年ぶりに同階級の世界ベルトを日本に持ち帰ろうとしたのである。

15勝のうち、14試合をKOで勝ってきた小原。

 そのような状況でも「小原だったら」という期待感はあった。デビュー戦で敗れたもののその後は連勝を重ね、日本王座、そして東洋太平洋王座を獲得した小原は、15の勝利のうち14試合でKOを収め、国内では頭ひとつ抜け出た存在だったからだ。

 昨年11月には米マイアミまで飛んで世界ランク9位の選手との挑戦者決定戦に挑み、結果は引き分けながら、試合内容は圧倒的に優勢だった。アウェイの海外を経験済みで、高校の地理・歴史の教員免許を持ち、サラリーマンも1年間経験している小原だけに、モスクワでも臆することなくチャンピオンに挑み、そしてベルトを持ち帰るのではないか─―。

 そんな期待が確かにあったのだ。

「6-4くらいで勝てると思っています」

 王者のトロヤノフスキーは24勝21KOで、無敗レコードを誇る。しかし年齢は36歳で、映像を見る限りは、パンチこそあれ“無敵”をイメージさせるようなボクサーには見えなかった。モスクワに旅立つ空港で小原は「6-4くらいで勝てると思っていますが、アウェイなので五分五分」と涼しい顔で言ってのけたものだ。実際に試合が始まると、小原は初回終盤、右ストレートを決めて王者を一瞬グラつかせた。24年ぶりの快挙がグッと近づいたかに感じた瞬間だった。

 しかしチャンピオンはこれで危機感を深め、守りに入るのではなく、攻撃姿勢を強めた。東洋大で小原の1学年先輩にあたる村田諒太(帝拳)は「やっぱり身内が負けるのを見るのは嫌ですね」と前置きしてから次のように語った。

 「あの右でチャンピオンが後ろにいってくれたら小原の勝ちだと思いました。でもチャンピオンは前に出た。あれが負けたことのない人間の強さなのかなと。いいパンチをもらって怖いと思ったら、負けたことのある人間はおそらく下がってしまいますから」

1/2ページ

最終更新:9月26日(月)18時21分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。