ここから本文です

競泳・山田拓朗が見事に銅メダル!13歳のパラ初出場から12年目の結実。

Number Web 9月15日(木)17時1分配信

 表彰台でかけられた銅メダルを、愛おしそうに手にすると、耳元で振った。

 「けっこう重いですね。単純に重さもそうですし、12年の重みがつまっているなと」

 何度も辛酸をなめた大舞台でついに手にしたメダルに、しみじみと口にする。

 9月13日。50m自由形(S9)で、山田拓朗が銅メダルを獲得した。

 決勝のスタートのリアクションタイムは0秒67。8人中最速で飛び込む。浮き上がり、2番手につけた山田は、快調に飛ばし、先頭争いを続ける。激しい争いは、瞬く間に決着を迎える。

 タッチすると、電光掲示板に表示されたタイムは26秒00。

 トップが25秒95、2位が25秒99。僅差の3位だった。

13歳の時、パラリンピックに日本史上最年少で出場。

 25歳の山田にとって、リオデジャネイロは4度目のパラリンピックだった。

 初めて出場したのは2004年のアテネ。実に13歳、中学1年生のときである。今なお、日本史上最年少出場記録だ。

 山田は、生まれつき左腕の肘から先がなかった。

 水泳を始めたのは3歳の頃。水を嫌う息子を心配した母が、スイミングクラブに通わせたのがきっかけだった。今の姿を考えると、その逸話がまるで嘘のように思える。

 スイミングクラブに足を踏み入れてからすぐ泳ぎに打ち込むようになった山田は、2度目のパラリンピックとなった北京で100m自由形5位、ロンドンでは50m自由形で4位入賞を果たした。いきなり有名選手になったのではない。階段を上るように、徐々に力をつけ前へ進んできたのだ。

 ただわずかなステップアップに対して、もどかしさもあったという。メダルを狙える位置にいながら、あと少しのところで手にすることができない。そのたびに勝負の難しさを知り、悔しさも味わってきた。

 今度こそ、メダルを。その決意は、決勝の26秒の中に込められていた。

身体の左右バランス、スタート時の挙動……課題は多い。

 技術的な面では、特に身体の左右のバランスをいかにしてとるのか、長年にわたり試行錯誤してきた。

 「最近は安定感があるので重く水をとらえても、体がブレないという変化は感じています」

 と、自信を持ってその手ごたえを語れるところまで改善した。

 スタートも、課題として抱えてきた1つだった。

 入水の姿勢、ドルフィンキックの打ち始め……それらを思いつく限り何パターンも試しながら、キックの後に、いかにスムーズに身体を浮上させるかも考えつつ、練習を重ねてきた。

 その辛い練習の支えとなったのが、どこまでも速くなりたい、世界で勝負したいという強い思いだ。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)17時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]