ここから本文です

“うに箱”が全部自分のもの!コスパの良すぎる定食が1,000円台で味わえる!

東京カレンダー 9月15日(木)5時20分配信

東京のいいところは地方に行かなくても、市場で新鮮な食材がいつでも味わえること。それが1,000円台で、うにといくらをてんこ盛りにできるとしたら?そんなお得に「うに」と「いくら」が味わえる店を今回は発見した!

【この記事の全ての写真】

その日に市場へ運ばれた素材を使っているので、鮮度・味はかなりのコスパもの!気になるこのメニューは1日20食限定で、大田市場にある『三洋食堂』にて頂ける。

さっそく食べなきゃ損する、お得な「生うに一箱定食」を紹介していくぞ!

ちょっとずつなんて食べなくていい!全部自分のものという嬉しさ

ここで使用しているうには天候にもよるが、基本はその日の朝、市場に出されたものを厳選し、北海道産の国産ものを使用している。普通に購入すれば、一箱2,000円以上はしそうな代物だが、マグロもついて1,400円という安さで味わえるから驚きだ。

『三洋食堂』は「大田市場」と呼ばれる市場内にあり、その歴史は1950年から。市場の休みを除く平日と土曜日の朝の6時~14時まで営業しており、足を運ぶのは同じ市場で働く人達や近くにある会社のサラリーマンたち。

築地のように観光客が訪れる立地ではないため、基本は1,000円台からというお得な価格で提供している。

気さくな女将さんに「いらっしゃい」と迎えてもらえば、まるで実家に帰ってきたような感覚。初めてのお客さんでも「今日はなにが食べたい?」と聞いてくれる姿勢が心地よい。

いざ、運ばれてきた定食は圧巻の一言。まずはうにだけを一口含めば、磯の香りが高く、甘く濃厚な味が口中にひろがる。お好みで醤油をつけてもいいが、エグみのないうには何もつけずに味わってほしい。「ミョウバン」に漬けていないため、新鮮で無添加。それもこの大田市場だからできるクオリティなのだ。

しばらくうにを堪能したら、忘れてはいけないのがホカホカごはん。

ご飯の上にたっぷりうにを乗せ、一口で頬張る。鮮度のいいうにだからこそ、シンプルにご飯と合わせるのが、究極に旨い食べ方なのかもしれない。

温かいご飯の上に乗せられたうにがとろっととけて、コクのある旨味が白米に絡みあう。これだけでご飯が何杯でも食べていられる。最初は量が多いかもと思ったご飯も足りないくらいだ。この量を独り占めできる高揚感というのは、なかなか味わうことができないだろう。

さらにこれだけでは飽きたらず、いくらをプラスして豪快なオリジナル海鮮丼を作ってみることにした。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)5時20分

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2016年11月号
9月21日発売

定価800円(税込み)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]