ここから本文です

神秘的な風景に満ちた中国の霊峰に 「黄山」という名がつけられた理由は

CREA WEB 9月15日(木)12時2分配信

Magnificent View #1080黄山(中国)

 中国で水墨画や漢詩の題材にたびたび使われているのが、安徽省にある黄山。昔から「黄山を見ずして、山を見たというなかれ」とも言われ、多くの文人墨客がここを訪れている。

 黄山といっても、山に黄色の花が咲き乱れているわけではない。その名は、伝説上の皇帝、黄帝がこの山で不老不死の霊薬を飲み、仙人になったという伝説から付けられたものだ。

 岩石が1億年以上も氷河や風雨に浸食されてできた断崖絶壁、海から流れ込む湿った空気が生み出す霧や雲……。幻想的な風景を見ていると、ここが道教や仏教の修行の場となったのも頷ける。

 黄山の中には数々の景勝地があり、全体が世界遺産になっていることから、観光地としても大人気だ。頂上まではふもとからロープウェーで簡単に行くこともできるが、あえて険しい道を歩いてこそ、その神秘的な雰囲気を満喫できるのかもしれない。

芹澤和美

最終更新:9月15日(木)12時2分

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年10月号
9月7日発売

定価780円(税込)

“楽しくて心地よい”が大事
がんばらなくてもきれいになれる。

“免疫美容”のススメ
菅田将暉「10年後の僕に」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]