ここから本文です

あの戦艦大和最後の出撃を、VRで感動体験! 【TGS2016】

日経トレンディネット 9月15日(木)18時27分配信

 ウォーゲーミングジャパンブースの目玉である2つのVRコーナーを、詳細レポート!

 「VR SPECIAL PHOTO ZONE YAMATO」は、戦艦大和の最後の出撃を、VRで体験できるというファン垂涎の企画だ。もとのゲームである『WORLD OF WARSHIPS』の世界観とは異なるオリジナルの内容というから、まさにゲームショウだけのスペシャルコーナー!

【関連画像】ディスプレーでは、大和と一体に

 緑一色の小部屋に入り、ヘッドセットをつけ、コントローラーを構えたら、ゲームスタート。映像が現れるとそこは、敵艦に囲まれた戦艦大和の艦上。眼前のリアルさに圧倒されつつボタンを押すと、視点が切り替わる。敵が目前に迫るアングルから、大和の最上段から見下ろすアングルまで、様々な視点を堪能。一番高い視点は、東京・渋谷にあるファッションビル「渋谷109」と同じ高さというから、その眺望は絶景! トリガーを引けば大砲が発射され、砲撃手になりきって戦いに没頭できる。戦艦大和の行く末を知っているだけに、ついつい戦闘に夢中に……プレー時間5分はあっという間だった。

 「PHOTO」とあるように、スタッフにカメラを渡せば、プレイ中の様子を撮影してもらえる。画面には、戦艦大和をバックにした自分の姿。戦闘大和と一緒に戦った、記念の2ショット!

 『WORLD OF TANKS』のVR体験には、コントローラーはない。ヘッドセットを装着すると、そこは戦車の砲弾が飛び交う戦場。ある時は目の前で戦車が燃え上がり、ある時は真横を味方の戦車が行き過ぎ、ある時は戦車の上に乗って砲撃音のなかを共に進んでゆく。斜面を上り下りするロケーションでは、思わずふらつき、乗り物に強い筆者でも酔いそうなリアルな感覚を味わった。戦場なのに、足元には澄んだ川、振り仰げば白い花が可憐に咲き誇り、緻密で美しい風景にも心奪われる。

(文・写真/荒川陽子)

最終更新:9月15日(木)18時27分

日経トレンディネット

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]