ここから本文です

国内では行かないけど外国では“弾けちゃう”! 日本人の海外旅行での夜遊び実態とは

オーヴォ 9/16(金) 11:52配信

 海外旅行に行くと、開放感から“弾けてしまう”人はいないかな。DeNAトラベルでは、メールマガジンの会員である19~80歳の男女763人を対象に「海外旅行中の夜遊び」に関する調査を実施したところ、海外旅行に行ったことがある人のうち、海外の旅行先でナイトスポットに行ったことがある人が72.9%に達するなど、夜の街を楽しんでいる人がけっこう多いことがわかった。

 行ったことがあるエリアでは、1位「ソウル」(43.5%)、2位「バンコク」(38.8%)、3位「ハワイ」(30.0%)。また、「行ったことがあるナイトスポット」については、1位が「ショットバー」(56.8%)、続いて「カジノ」(51.4%)、「クラブ(ディスコ)」(51.2%)となっている。頻度では、「必ず行く」が22.4%、「時々行く」が48.1%で約7割の人が海外の夜遊びを複数回楽しんだことが判明した。

 ところが、回答者に対して日本国内でナイトスポットに遊びに行く頻度を聞くと、「よく行く」が6.9%、「時々行く」が26.5%と、行く人が3割強まで大幅にダウン。国内では行かず、夜遊びは海外で──という人が多い。ちなみに、海外のナイトスポットに行ったことがある人にその良さを聞くと、トップは「テンションが上がる」(23.5%)。「オススメのエリア」では、1位は2位に5ポイント以上の差をつけて「バンコク」(19.9%)、以下「ラスベガス」(14.3%)、「ソウル」(10.3%)と続いた。

最終更新:9/16(金) 11:52

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革