ここから本文です

浜崎あゆみ 安室奈美恵の活躍に焦り、美に執着か

NEWS ポストセブン 9/16(金) 7:00配信

 歌姫が2度目の“離婚”を決めた。9月11日、浜崎あゆみ(37才)がファンクラブでコメントを発表。「伝えたいこと」という題でこう綴った。

《今日は、皆へ報告したい事があります。3年間パートナーとして共に歩んできた彼と、それぞれの道へ進むことになりました。彼は彼の想う道を。私は私の想う道を。》

 別れた夫は10才年下のアメリカ人。当時は医学生だった。2013年に出会い、4か月交際のスピード婚。彼女らしい決断だった。交際も結婚も離婚も、いつもあゆは“自分スタイル“。2006年には当時交際していた長瀬智也(37才)と空港で堂々の手つなぎ帰国。その様子はハリウッド女優さながらの貫禄だった。しかし──。

「今回の離婚のニュースにはあゆらしい“華やかさ”がない。実際は2015年の春にひとりで帰国して以来、母親と2人で暮らしていたそうで、もうとっくに離婚していたようなものなんです。でも最近の彼女の言動は精彩を欠いているようで心配です。何かに焦っている感じもします」(芸能関係者)

 マツコ・デラックスは『5時に夢中!』(TOKYO MX)であゆの離婚を受けて「数々の奇行を私たちに発表してくれる稀有な存在。あゆ、ありがとう」とコメントした。

 歌もファッションも言動も時代をリードしてきた“カリスマ”が、最近話題になるのは別のことばかり。結婚直後の“激太り”と“激ヤセ”。別人のように雰囲気がころころ変わるメイク。ブログには露出の多い服で肉体をさらす写真が日々アップされる。

 今年2月に発表されたイタリアの下着ブランドの広告では、ガーターのような布で目を隠し、大胆なヌードに。「これ誰!?」「松田聖子?」と、あゆとはわからないという声が多数あがっていた。

 以前は何をしても『新しくてかっこいい!』『セクシー』というファンの声がほとんどだった。しかし、最近は『あゆどうしちゃったの?』という声が多い。

「実際、仕事が不調でかなりナーバスになっているようです。しかも同年代でライバルとして比較されてきた安室奈美恵(38才)が“奇跡のアラフォー”と言われてミュージックシーンの第一線で活躍している。焦りが募り、美に執着するようになっているのか…」(音楽関係者)

 今月3日、あゆは自身のツイッターでこうつぶやいた。

《古い扉がすぐ後ろで閉じたのを感じたと同時に、目の前の新しい扉を開く時だと感じた》

 9月30日から全国ツアーをスタートさせるあゆ。今回の離婚をステップアップにできるか。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

最終更新:9/16(金) 7:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。