ここから本文です

キスマイ玉森&宮田がゲームCMで共演!カメラに「奥さんも是非」アピール!?

Smartザテレビジョン 9/16(金) 4:00配信

「LINE GAME」によるパズルゲーム、「LINE ポコポコ」のCMキャラクターに、Kis-My-Ft2・玉森裕太と宮田俊哉が決定。2人を起用した新CMが9/16(金)よりオンエアされる。新CMでは実際に「LINE ポコポコ」をプレイ。キスマイ内でも仲のいい「宮玉」コンビの、リラックスした表情が見られるCMとなっている。

【画像を見る】玉森&宮田もCMでチャレンジ! 2周年記念イベントステージ画面

●「大逆転の1手」篇

「大逆転の一手、どーこだ?」と、LINE ポコポコの画面を見ながら考え中の宮田に問いかける玉森。「宮っち、得意だろ? ここだよ、ここ」と玉森ゲーム画面を触ると、大連鎖を起こしブロックが次々と消滅! 「あーーッ!」とただ見守るだけの宮田。玉森の大逆転の一手でステージをクリアしたものの、「考えてたとこだったのに~」と悔しがる。

●「おくさん?」篇

大逆転の連鎖を狙う一手を考えている玉森。LINE ポコポコが得意な宮田がゲーム画面をのぞき込み、「ここでしょ!」と画面をタッチ! 大連鎖を起こし次々消えるブロックに、玉森はひたすら「おーっ!」と驚く。「おーっ」しか言わない玉森に宮田が「何か言いなよ!」と声をかけると、玉森は急にカメラ目線で「おくさんもぜひ!」とひとこと。唐突な玉森の言葉に宮田も「おくさん?」とびっくり。

撮影は8月下旬、都内スタジオにて。ゲーム好きな2人は慣れた様子で画面を操作するのはもちろん、カメラ位置の変更の待ち時間も控室に戻らず、セットに残ってゲームを楽しむ場面も。玉森は「宮田のほうがポコポコはレベルが上です」と明かし、宮田も「俺のほうがステージが進んでますね」と余裕の表情を見せた。

また、「おくさん?」篇の撮影中には、スタジオに1匹のセミが乱入するハプニングも。照明機材をめがけて飛んできたセミを身をかがめてよけながら、2人は「おーっ!」と思わず声を揃え、「本当のおーっ!だよ」とニッコリ。セミを逃がして再開された撮影でよりリアルな「おーっ!」を繰り出していた。

最終更新:9/16(金) 18:49

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。