ここから本文です

ウーマン村本、島田紳助は「蛇の道に落ちた」 「不倫応援芸人ですから」と中村橋之助にエール

エンタメOVO 9/16(金) 16:17配信

 映画『カンフー・パンダ3』のスペシャル上映イベントが16日、東京都内で行われ、お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワー(村本大輔、中川パラダイス)、子役の早坂ひららが出席した。

 本作は、パンダでカンフー・マスターのポーの奮闘をコミカルに描いた『カンフー・パンダ』シリーズ第3弾。生き別れた父と再会してパンダ村を訪れたポーが、新たな強敵を倒すためにカンフー・パンダ軍団の指揮を執る“師匠”へと成長するさまが描かれる。

 32歳も年の離れた早坂との共演に、村本は「どうしゃべっていいか分からなくて緊張した」と打ち明けたが、楽屋では早坂がたくさん話しかけてくれたそうで、ステージ上ではまるでパパの顔。頭を触ったり、笑顔を向けたりと、普段の毒舌キャラとは違う和やかな表情を見せた。

 そんな中、劇中でポーが厳しい訓練に励むことにちなみ、下積み時代について話がおよぶと「学生時代は僕がしゃべるとクラスの空気が止まる“名ストッパー”と呼ばれていて、『芸人になるのは無理』と言われ続けていた」と意外なエピソードを交えつつ、「10年ぐらい笑いを続けて、やっと芸能界で仕事をいただけるようになった」としみじみと語った。また、島田紳助氏やダウンタウンの松本人志を師匠と仰いでいるそうで、彼らとの出会いで自分が変わっていたことも吐露した。

 ところが、ここで村本の毒舌キャラが登場。恩師であるはずの島田氏について「まぁ、蛇の道に落ちてしまいましたね」とニヒルにつぶやき、中川を慌てさせると、歌舞伎俳優の中村橋之助と芸妓との不倫報道についても、「不倫応援芸人ですから。どんどん不倫(した方が良い)」と世間の反感を買うようなコメントを。普段通り毒をまき散らして会場を去った。

 映画は8月19日からNetflixで独占配信。

最終更新:9/16(金) 17:31

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。