ここから本文です

SMAPデビュー記念日の盛り上がり 貸切電車も

NEWS ポストセブン 9/16(金) 7:00配信

 9月9日はSMAPのデビュー記念日。今年は、デビュー25周年という節目でありながら、年内での解散が発表された中での記念日ということで、いつもとはまったく違うものとなった。当日のSMAPファンたちの動きをレポートする。

【AM10:00】
 西武園ゆうえんちは、ファンにとっての聖地。25年前のデビューイベントも、1万人と握手をした20周年イベントも行われた。それゆえ開園時間の10時から、おそろいのTシャツやタオル、バンダナなど、SMAPグッズを身に付けたファンでにぎわっていた。

 当初はファン主催の25周年イベントが計画されていたものの、解散発表を受け中止。それでも西武園側もファンと一緒にこの日をお祝いしたかったのだろうか、同園入口には、『世界に一つだけの花』にあるように、バケツの中にあじさいやカーネーションなど色とりどりの花が“バケツの中誇らしげに”飾られていた。そして園内のBGMはSMAPメドレー。

 ファンたちの中でひときわ注目を集めていたのが、横断幕を手に、彼らのデビュー衣裳を身に着けていた原薫さん(57才)と島津ちづかさん(35才)母娘。名古屋から始発の新幹線で来たという。

「東京には朝9時に到着してまっすぐにここに来ました。ライブのたびに衣装を作っているのですが、今回はもちろん、ここで彼らがデビューした時に着ていた服を用意しました。この後は、当時3才だった長男と、初めて握手会に行った『有明コロシアム』に移動します。当時中居くんが、スタッフの制止を無視して長男を抱っこしてくれて…」

 遠い日の思い出に馳せたその目には、うっすらと涙が浮かんでいた。

【PM0:00】
『カラオケパセラ渋谷店』では、開店前からSMAPファンの行列ができていた。驚いた店員がドアを開けると、お客さんが次々になだれ込む。予約客も含め、大部屋も小部屋もSMAPファンで埋まり、DVD鑑賞やメドレーカラオケが行われていた。

1/2ページ

最終更新:9/16(金) 7:00

NEWS ポストセブン