ここから本文です

松坂桃李と高岡早紀 韓国料理店での濃密会話一部始終

NEWS ポストセブン 9/16(金) 7:00配信

 松坂桃李(27才)と高岡早紀(43才)が出演した舞台『娼年』が9月15日、大好評のなか幕を閉じた。激しいベッドシーンもありR15指定になるなど、スキャンダラスな話題も振りまいたが、その裏側では松坂と高岡が急接近していたという──。

 東京公演初日の1週間前。舞台の稽古も大詰めを迎えていたある夜、ふたりは都内の繁華街から1本入った路地裏にひっそりと佇む、韓国料理店にいた。ここは高岡の行きつけの店。店員が「いつも同じ注文ねぇ」と高岡に話しかける。

高岡「そうなのよー。じゃあ今日は別のものにしようか」
松坂「ハイボールで」
高岡「私もそうしよっと。何食べる?」
松坂「う~ん、チヂミかな」
高岡「私も同じこと思ってた」

 白いTシャツ姿で少し長めの前髪を流した彼を見つめながら、高岡の笑顔がはじける。

高岡「今の私大丈夫? スッピンだから恥ずかしい」

 両手で顔を覆い隠すそぶりを見せる高岡に、松坂は笑顔を返す。

高岡「楽しい? 私は楽しい。今日ご飯食べるの楽しみにしてたよ」
松坂「楽しいよ、もちろん」
高岡「早い者勝ち。こういうのって言ったもの勝ちよ!」

 自然体で会話する高岡に、はじめは周囲の客を警戒している様子だった松坂の口数も徐々に増えていく。

松坂「相手の女優さんを素敵にさせてあげるのが、俳優の仕事だって思うんだよね」
高岡「それは基本だよね。とても大変なことだけど」
松坂「相手役を輝かせて、どうきれいに見せてあげるか。それを本気で考えている人に勝る人はいない」

 俳優としての理想像を熱く語る松坂。にわかにまっすぐな視線を高岡に送る。

松坂「その点、俺らって信頼しあってお芝居できてるよ」
高岡「うん、できてる。できてるよ!」

 声を弾ませる高岡。敬語とタメ口が交ざり合い、16才の年の差が少しずつ消えていく。会話とお酒は進む。

松坂「そこにホクロあるよね」
高岡「いやらしいところにあるでしょ? 背中はないのよ。背中は、ね?」
松坂「もう1回」

1/2ページ

最終更新:9/20(火) 17:32

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。