ここから本文です

友達に親に…「彼女ができた」伝えるベストタイミング

R25 9月16日(金)7時1分配信

女子たちは、自分の恋愛について女子会でいろいろと話しているらしい。逆に僕ら男は、下ネタならともかく、恋愛のことってあまり話さないもの。

いざ話そうと思っても、正解がわからず悩みそうなのが「彼女ができた」と報告するタイミング。いきなり友人たちに切り出すのは勇気がいる。ヘタしたら告白するときより緊張しちゃったりして…。そこで、「彼女ができたといつ報告するか」を、20~34歳の未婚男性会社員200人にアンケート調査! 周囲の人に言うタイミングと、その理由を聞いてみた。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈彼女ができた時、友人にそのことを言うタイミングは?〉

・恋人ができたらすぐに話す 28.0%
・ある程度(3カ月など)様子を見てから話す 47.5%
・話さない、話したことがない 24.5%

●「恋人ができたらすぐに話す」派の意見
「応援してくれた人に感謝を言いたい」(27歳)
「自慢したい」(32歳)
「友達で必ず言い合うようにしているから」(30歳)

●「ある程度(3カ月など)様子を見てから話す」派の意見
「別れるかもしれないから極力言わない」(24歳)
「すぐに別れる可能性もあるので、あえてしばらくは言わない」(32歳)
「すぐに別れたらかっこ悪いから」(33歳)
「友人から恋人の話題が出た時、実はいるんだと打ち明ける」(27歳)
「付き合いはじめは盲目的になってしまいがちなので、少し心が落ち着いてから話す」(30歳)
「人に向けて自分のことを話すのが嫌いだから。本当の親友なら話すかもしれない」(24歳)

●「話さない、話したことがない」派の意見
「特に話す理由がないから話したことがない。自然と気づかれる」(33歳)
「そういう話は普段しないから」(33歳)

もっとも多数派となった「ある程度(3カ月など)様子を見てから話す」派には、「すぐ別れてしまう恐れ」を挙げる人が多かった。また、付き合い始めの浮ついたところを友人に見られたくない、という意見は男子ならではといえるかも?

〈彼女ができた時、家族(両親や兄弟姉妹)にそのことを言うタイミングは?〉

・恋人ができたらすぐに話す 9.0%
・ある程度(3カ月など)様子を見てから話す 36.5%
・話さない、話したことがない 54.5%

●「恋人ができたらすぐに話す」派の意見
「将来婚姻という形で関係性ができる可能性があるので、報告する義務がある」(27歳)
「隠し事はすぐばれるから」(28歳)
「うれしさを共有したいから」(26歳)

●「ある程度(3カ月など)様子を見てから話す」派の意見
「結婚を変に急かされそうなので一度温度を置いてからにする」(32歳 ※原文ママ)
「どうなるかわからないから」(28歳)
「家族に紹介するのは覚悟がいるから」(29歳)
「恥ずかしい」(29歳)
「親には聞かれたら言うかもしれないが、兄弟には(自分から)話す」(28歳)

●「話さない、話したことがない」派の意見
「婚約や結婚するわけではないので話す必要がないと思うから」(34歳)
「色々と聞かれるのがめんどくさいから」(32歳)
「親はヒミツが守れないから話しません」(32歳)
「そもそも会話がない」(31歳)
「うるさいから」(27歳)

家族に対しては、「話さない」という人が半数以上。やっぱり、社会人ともなると親も「結婚か?」っていうテンションになりがちなので、慎重にならざるを得ないよなあ。

ただ、今まで「恥ずかしい」とか思ってたけど、上のコメントにあったように、彼女ができたことを伝えて「感謝を言いたい」「うれしさを共有したい」ってステキなことかも。次に機会があったら、そうしようかな。
(梵 将大)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月16日(金)7時1分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]