ここから本文です

「ANRI」AVデビュー作見たくない?ウエンツがコメント

R25 9月16日(金)7時1分配信

タレント坂口杏里が「ANRI」という名義でAVに出演することが明らかになり、デビュー作『芸能人ANRI What a day!!』のパッケージ写真が公開された。

「What a day!!」という、坂口の元カレ・バイきんぐ小峠英二のギャグ「なんて日だ!」を思い起こさせるタイトルが付いたこのデビュー作は10月1日発売。週刊誌やワイドショーでは、坂口がホストクラブにハマって借金を作り、その返済のためのAV出演、と報じられている。

9月11日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』でもこの件が取り上げられ、AVが大好きだというウエンツ瑛士がコメントした。借金苦の末にAVデビューという流れについて、「負の感じをまとう作品になってしまう」とコメント。AV界のトップを目指して頑張る女優の作品は見るが、ANRIのように何かしらの事情がありそうな作品については「僕は見ない」と断言した。

そんなウエンツの意見に対し、ネットユーザーからの意見が殺到。ツイッターでは、

「ウエンツわかってるなぁ avに出たくてしょうがなかった 若しくはプロ意識のある女優じゃないと 見ててつまらんからな」
「これは理解できるなぁ。嫌々やっている人の作品よりも、誇りを持ってやってる人の作品を見たい」
「本当かどうか不明だが、『借金のために仕方なく』ってのがあるようなら、楽しくない。そんなもの観たくないね」

と、ウエンツ同様、AV出演に乗り気ではない女優の作品はあまり好きでないというネットユーザーが多い。しかし、なかには、

「タイプとか体型とかそんなんじゃなく、知ってる有名人ってのが興奮する。知らない元アイドルを芸能人と言われても…だけど坂口杏里はバッチリ。GJ!」
「ウエンツや前園さんが坂口杏里のAVは不のオーラを感じて見れないって言ってたけど、むしろそういう不の部分に興奮する超絶ゲス野郎は世の中にいっぱいいますよ。怖い怖い」(原文ママ)

などの意見もあり、AVの楽しみ方は人それぞれのもよう。顔やスタイルなどのルックスだけでなく、女優のバックグラウンドも含めてAVを選ぶネットユーザーが多いことは間違いなさそうだ。
(小浦大生)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9月20日(火)20時14分

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場