ここから本文です

体の老化の原因? 適切なケアで疲れ目をいたわろう!

R25 9/16(金) 7:01配信

「最近、首や肩のコリがとれない」「頭痛がひどい」「集中力が落ちている」そんな症状を、「年のせい」で片付けていませんか? もしかしたらその症状は、年のせいではなく「疲れ目」からきているのかもしれません。

●「目が良い」は、実は「目に悪い」?

近視の人はメガネで矯正するのは、遠くのものをよく見えるようにするためですね。ほとんどの人が、この「遠くのものがよく見える状態」を「良い状態」だと思っています。しかし、これは目にとっては、必ずしも「良い状態」とはいえないのです。遠くにピントを合わせている目で、近くのものを見ようとすると、目の中の筋肉は、ピントの位置を自分の体の近くに引き寄せようと動きます。

この時、筋肉は縮む動きをします。遠くがよく見える目で、長時間近くのものを見ていると、この筋肉が縮んだまま緊張状態で固まってしまうのです。これが疲れ目の原因になります。正視の人、遠視の人でも同じことが起こります。遠くにピントが合っている目で、近くにピントを合わせ続けるのは、それだけ目に負担をかけているということなのです。

●「仕事用メガネ」の作り方

「新しいメガネを作って、かけてみたら頭がクラクラした」。そんな経験はありませんか? 遠くを見ることを優先し、強めに矯正した結果、目に急激な負担がかかってしまったのです。オフィスワーク、特にパソコンを長時間見つめるような仕事をしている人の場合、弱めに矯正した仕事用メガネを作ると、目の疲れを軽減することができます。

両目で見て1.2程度の視力になる度数が目安です。正視の人、遠視の人も同様に、仕事用に視力を落とすメガネを作ると、目を楽にすることができます。また、新しいメガネを作る時には、目が疲れきっている時間帯は避けましょう。仕事帰りの夕方はNGです。

●普段から目をいたわる生活を

一日中頑張った目は、きちんとその日のうちにケアし、疲れをとるようにしましょう。充血した目は炎症が起こっている状態です。冷たいタオルでまぶたを覆うようにパックしましょう。充血がクセになっている人は、朝、出勤時に濡らして絞ったタオルを冷蔵庫に入れておき、帰宅してから使うようにするとよいでしょう。目が重い、しょぼしょぼするなどの場合には、目に血行不良が起こっています。

濡らしたタオルを20秒ほど電子レンジで温め、蒸しタオルにしてパックすると、血行が良くなります。市販の蒸気アイマスクを使用するのも手軽です。パソコン作業などで、一日中近くのものを見ている人は、意識的に遠くのものを見る時間を作りましょう。2~3m程度先のものでも十分です。手元のものを10~20秒ほど見つめた後、遠くのものを5分ほどぼんやり眺める、という運動を繰り返してみてください。

仕事中、30分ごとに5分休憩を入れて、遠くのものを眺める時間を作るのが理想的です。定期的な間隔で、パソコンを見つめる以外の作業を入れるように仕事のスケジュールを組むと良いでしょう。それでも肩コリや頭痛がひどく、目の疲労感がおさまらない場合には、重い眼精疲労になっている可能性があります。眼精疲労は単なる疲れ目が原因ではなく、目の病気が関わっていることもあります。「おかしいな」と感じたら、すぐに眼科で診療を受けるようにしましょう。
(enJOY Complex編集部)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/16(金) 7:01

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。