ここから本文です

勤続15年のキャストが教える!TDSおすすめグルメ&スポット

東京ウォーカー 9月18日(日)12時6分配信

秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」がスタートした東京ディズニーシーだが、開園15周年のアニバーサリーイベントも2017年3月17日(金)まで開催中!満15周年を迎えた9月4日には記念セレモニーも行われ、お祝いムード一色に包まれた。

【写真を見る】「ポートディスカバリーは私にとって、ふるさとのような場所」と話す吉川さん。強い思い入れが伝わってくる

この15年間、パークにあふれ続けるたくさんの“ハピネス”。その源の1つとなっているのが、キャスト1人1人による、心温まるサービスだ。今回は、東京ディズニーシーで15年間、カストーディアル(清掃スタッフ)として勤務し続けている吉川文子さんに、パークの魅力や仕事のやりがいなどを教えてもらった。

■ ゲストからの「ありがとう」がモチベーション

実は吉川さん、初めは1番人気のアトラクションキャストを希望していたという。だが、「今は正直、カストーディアルの方が良かったと感じています」と、大いにやりがいを感じているそうだ。

「カストーディアルの仕事は一言でいうと“何でも屋さん”。清掃をするだけでなく、道案内をしたり、カメラサービスをしたりと、ゲストの困り事をお助けするのが私たちの仕事です。それだけに、たくさんのゲストとお話をし、“ありがとう”の言葉をいただけるのもカストーディアルの特長。だからこそ、15年続いていると思っています」

元々東京ディズニーランドが大好きだったという吉川さんだが、東京ディズニーシーに関する知識は、ゼロからのスタート。「働き始めたころは、緊張がすごかったことを覚えています。ゲストからアトラクションについて尋ねられても、それが何を指しているのかもわからない状況でした。ゲストに助けていただきながら、私も成長することができました」と振り返る。

この15年間で、パークには新しいアトラクションや施設が次々と誕生し、さまざまな進化を遂げてきた。吉川さんの目から見ても、アメリカンウォーターフロントの変化は特に印象的だという。「何もアトラクションがなかった場所に、今は大人気のトイ・ストーリー・マニア!やタワー・オブ・テラーがあり、前を通る度にこんな景色だったかなと思います」と感慨深げだ。

また、15年間で客層にも変化が見られ、「開園当初は若い方々が多かったですが、最近は年配のご夫婦も多くお見受けします」と話す。

■ おすすめのグルメはポートディスカバリーの定番スナック

最後にパークを知り尽くす吉川さんに、写真撮影のおすすめスポットや、一押しのグルメを教えてもらった。

「私がキャストデビューしたテーマポートということもあり、ポートディスカバリーの景色がとても好きです。夜になると明かりがつき、昼間とは違った雰囲気になるのも東京ディズニーシーならではの魅力。アクアトピアやプロメテウス火山をバックに撮影すると、きれいな写真が撮れますよ」とのこと。

フードについて尋ねてみると、「すべてのフードを食べたことはないので、自分の好みだったり、友人から聞いた情報にはなってしまいますが、ポートディスカバリーで販売している『アプリコットメイプルシロップパイ』が一押しです」と吉川さん。

「アプリコットメイプルシロップパイ」は、サクサクの生地にアプリコットが丸ごと入った、食べ歩きにぴったりなスナック系のパイ。ポートディスカバリーにあるワゴン「ブリーズウェイ・バイツ」で購入できる。パークへ足を運んだ際は、ぜひ試してみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:9月18日(日)12時6分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]