ここから本文です

雪塩ソフトクリーム使用の贅沢な和パフェが難波に登場

東京ウォーカー 9/16(金) 12:23配信

雪塩ソフトクリームで有名な「塩屋(まーすやー)」が、期間限定商品の「雪塩抹茶ムースパフェ」(410円)を10月から11月末まで、大阪・難波のなんばCITY店で販売する。以前より、“雪塩ソフトクリーム”を使ったオリジナル商品へのリクエストが多く、満を持して登場となる。

大阪・難波にある、塩屋 なんばCITY店

豪華な3層となるパフェは、一番下にほろ苦くて濃厚な抹茶ムース、その間には甘さ控えめの北海道産ゆであずきをサンドさせ、一番上に雪塩ソフトクリームを盛り付け。

販売期間中、店頭には特別に、“黒ごまきな粉塩”が無料が用意されているので、トッピングして楽しもう!【関西ウォーカー編集部/岡橋由起】

最終更新:9/16(金) 12:23

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。