ここから本文です

大野拓朗、湊かなえ作品で“嫌な奴”役に人生初挑戦!

Smartザテレビジョン 9月16日(金)13時0分配信

テレビ東京系で9月28日(水)夜9時から放送するオムニバスドラマ「湊かなえサスペンス『望郷』」で、大野拓朗が出演することが分かった。

【写真を見る】劇中で“嫌な奴”を演じる大野拓朗。笑顔の裏にある本心とは?

本ドラマは湊かなえの同名ミステリー短編集から珠玉の3編、「みかんの花」「海の星」「雲の糸」を映像化したもの。大野は、その3編の中で「雲の糸」に出演し、人生において初めての役柄・“嫌な奴”に挑戦する。

大野が演じるのは、人気アーティストの主人公・黒崎ヒロタカの同級生で、瀬戸内海のとある島で幅を利かせている鉄工所の息子・的場裕也。

「会社の50周年記念パーティーを開くから」と、島出身のヒロタカを来賓として招くが、ヒロタカの過去に付け入り、何かと無理難題を押し付け、彼を追い詰める「見ていて実にイラッとくる」役どころだ。

阿部真士プロデューサーは大野の起用について「今回、思慮深いという言葉とは縁遠い人物・的場裕也をキャスティングするにあたり、迷いはありませんでした。読書家で爽やかで都会的な大野拓朗君が演じてくれれば面白い、とピンと来たからです。快諾してくれて、こちらが望み、イメージした通りの人物を好演してくれました」と説明した。

放送を前に、大野から視聴者へ向けてコメントが届いた。

■的場裕也役・大野拓朗コメント:念願の“嫌なヤツの役”をいただきました。すごくうれしかったです。

今まで自分が出会ってきた人たちの、言動・行動・心理を自分なりに改めて分析してみて、いろんな人の要素を含めて「的場裕也」を作り上げてみました。

いつも役に対する履歴書を作るんですが、的場くんの家族構成や血液型、星座、学歴など、僕のイメージと湊先生のイメージが全く一緒だったんです! 感激しました。それだけでもモチベーション上がりまくりでした。

島に住んでる人、都会に住んでる人、田舎に住んでる人…、誰が見てもとても楽しめる、“湊ワールドさく裂”な人間ドラマとなりました。

しかも、今回は“救い”があります。そこに湊先生の故郷の島に対する光や温かさを感じています。ぜひ見てください。読後感がスッキリな作品です!

最終更新:9月16日(金)13時0分

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年38号
9月21日

特別定価:350円

表紙:KinKi Kids
全37本 秋ドラマ完全ナビ!
激レアグッズ大プレゼント
秋の新ドラマ主役インタビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]