ここから本文です

秀吉も訪れた石庭の名刹!5分で知る龍安寺の見どころ

東京ウォーカー 9/16(金) 15:01配信

臨済宗妙心寺派の寺院。1450(宝徳2)年、細川勝元が徳大寺家の別荘を譲り受けて創建した禅寺、龍安寺(りょうあんじ)。1499(明応8)年には方丈が再建され、その際に築造されたというのが石庭で知られる方丈庭園。白砂の庭に15個の石を5・2・3・2・3に配置した枯山水の庭で、別名“虎の子渡しの庭”とも呼ばれている。その横に秀吉が賞賛したと伝わる侘助椿がある。1994年、古都京都の文化財として、世界文化遺産にも登録された。

二方を油土塀で囲まれた、東西25m、南北10mの長方形の白砂の庭

■ 文化財

<方丈(重要文化財)>火災により焼失後、塔頭寺院・西源院の方丈を移築。1606(慶長11)年建築。

<方丈庭園(特別名勝)>いつ、誰が、なんのために造ったのかよくわかっておらず、謎が多い庭園。

■ その他の見どころ

西源院 龍安寺の境内にある湯豆腐店。四季折々に美しい日本庭園を眺めながら、世界遺産の中で味わう贅沢を満喫できる。生麩やシイタケなどが入った七草湯豆腐(1500円)や。精進料理が付いたコース(3300円)をぜひ。電話:075-462-4742/時間:10時~17時(LO16時30分)/休み:なし/座席80席。

■ 紅葉

ヤマモミジ、カエデなど約400本。見ごろ11月下旬から12月上旬。山門から方丈へと続く砂利道や石段、鏡容池周辺などが赤や黄色の美しい色に包まれる。

■ 桜

ソメイヨシノなど約400本。見ごろ3月下旬~4月中旬。方丈庭園の石庭で、油土塀越しに咲くベニシダレザクラは見事。

■ 混雑状況

<昼>境内は広いので、全体的にはゆったり。石庭がある方丈は拝観時間も長く込み合うことも。

<夜>拝観不可。

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:10/7(金) 18:33

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。