ここから本文です

五重塔や国宝が立ち並ぶ!5分で知る仁和寺の見どころ

東京ウォーカー 9月16日(金)16時15分配信

宇多天皇の勅願により888(仁和4)年に創建。以来、明治維新まで代々皇子皇孫が住職を務めた門跡となり、その筆頭にあった寺院。京都3大門の一つ、二王門から境内に一歩足を踏み入れると、国宝の金堂や、重要文化財の五重塔、御影堂などの堂宇(どうう)に加え、仁和寺御殿と呼ばれる御所風建築物が立ち並ぶ。1994(平成6)年、世界文化遺産に登録。中門内の西側一帯にある御室(おむろ)桜は遅咲き桜林として有名。

【写真を見る】秋になると紅葉も楽しめる宸殿の庭

■ 文化財

<金堂(国宝)>本尊の阿弥陀三尊を安置。当時の宮殿建築を伝える、現存する最古の紫宸(ししん)殿。

<阿弥陀三尊像(国宝)>脇侍菩薩(きょうじぼさつ)2体を両わきに従えている阿弥陀如来像。

<御影堂(重要文化財)>檜皮葺を用いた、落ち着いた雰囲気の仏堂。

<遼廓亭(重要文化財)>江戸時代の画家・尾形光琳の屋敷から移築。

■ その他の見どころ

<霊宝館>仁和寺にある国宝など貴重な寺宝が安置されている。春季4月1日~5月第4日曜、秋季10月1日~11月23日の年2回、期間限定の「名宝展」として公開。時間:9時~17時(最終受付16時30分)。料金:500円。

<宿坊>御室会館を宿泊施設として利用可能。朝のお勤めへの参加、仁和寺御殿無料参拝券付き。電話:075-464-3664。料金:素泊まり5400円※9月~6200円など。

■ 紅葉

カエデ、モミジなど約150本。見ごろ11月下旬~12月上旬。国宝や重要文化財に指定されている堂塔が立ち並ぶ境内を、鮮やかな色合いの紅葉が美しく飾る。

■ 桜

ソメイヨシノなど約300本。見ごろ4月上旬~中旬。京都市内一遅咲きの「御室桜」は樹高約2mと低く、目の前で楽しめる。

■ 混雑状況

<昼>桜や紅葉のシーズンは多くの人が訪れ、かなり混雑。

<夜>拝観不可。

■ 年中行事

<2月>節分会/立春に行われる邪気はらいの伝統的行事。

<3月>土砂加持法要/光明真言を唱え加持した土砂の功力によって滅罪、得楽などを得る法要。

<4月>伽藍特別入山 桜の開花時期に行われ、御室桜を観覧することができる。入山料500円。

<9月>開山忌/寺院を開いた開山日の9月8日に行われる法要儀式。

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9月16日(金)17時57分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]