ここから本文です

がんばれ十勝! 今年は十勝の秋祭りに行こう

東京ウォーカー 9/16(金) 18:32配信

例年、グルメイベントなどでにぎわう秋の十勝地方だが、今年は先月の台風で大きな被害を受けイベントが開催できない地域も。でも復興作業の一方で、多くのイベントは通常通り開催される模様だ。

【写真を見る】帯広大正メークインまつり

そこで今回は、十勝地方の秋の注目イベントをまとめてご紹介。連休を利用して、十勝のおいしいグルメや景色を楽しんで、十勝の復興を応援しよう!

会場までの交通情報ほか、土砂災害の危険箇所、観光施設の営業の最新情報は、十勝総合振興局のホームページで公開されているので確認をして行こう。

■ ミルクフェスタ2016十勝主管工場開放DAY

牛乳や乳製品を製造するよつ葉乳業の主管工場で開催。工場見学に牛乳の飲み比べ、ソフトクリームの販売も。<期間:9/17(土)、時間:10:00~15:00、会場:よつ葉乳業株式会社十勝主管工場イベント会場(河東郡音更町新通20-3)、電話:0155-42-2121(よつ葉乳(株)十勝主管工場)>

■ 帯広大正メークインまつり

地元十勝でも大人気。例年1万人以上もの来場者が訪れる恒例のイベント。ニジマスのつかみどりやパフォーマンスのほか、メークインで作られるメニューは例年高い人気だ。<期間:9/22(祝)、時間:9:00~14:00(売店9:00~、イベント10時~※雨天決行)、会場:大正ふれあいひろば(帯広市大正本町東1-2) 、電話:0155-64-4591(JA帯広大正 営農振興部)>

■ とかちばん馬まつり

高額賞金をかけて争う人間ばん馬や、人間ダービーなど、体力勝負の競技が見もの。ジャグリングやマジックなどの大道芸をはじめ、パフォーマンスフェスティバルの多彩なプログラムも必見。ばん馬とのふれあいや十勝の秋の味覚も存分に楽しめる。<期間:10/1(土)、2(日)、時間:10:00~17:00、会場:帯広競馬場(帯広市西13南9) 、電話:帯広商工会議所(0155-25-7121)>

■ 池田町秋のワイン祭り

例年大人気の池田町のワインと牛肉の一大イベント。3種の十勝ワインの飲み放題ほか、北海道産牛肉食べ放題の贅沢なバーベキューなどのイベントが開催される。<期間:10/2(日)、時間:10:00~14:30、会場:十勝池田ワイン城横イベント広場(池田町清見83-3) 、電話:015-572-2286(池田町観光協会)>

■ しほろ収穫祭

しほろ牛のカットステーキや、大きな鍋で作る料理、おしるこなどが人気の秋の味覚祭り。ジャガイモとタマネギの袋つめ放題などイベントも多数。<期間:10/16(日)、時間:10:00~13:30頃、会場:士幌町農村運動公園(士幌町字士幌2線150-1) 、電話:01564-5-5220(士幌町役場産業振興課)>

■ 忠類どんとこいむら祭り

忠類の特産で知られる上質なユリ根や、その他特産品の即売会、手作り品の販売、フリーマーケットなどが開催される予定。来場者に人気の歌謡ショーも開催!<期間:10/16(日)、会場:道の駅忠類特設会場(幕別町忠類白銀町384-12)、電話:01558-8-2111(音更町十勝川温泉観光協会)>

■ ひろおサンタランドツリー点灯式

17時以降に行われるメインツリーの点灯式を合図に町内中のイルミネーションも点灯。花火も打ち上がり、町内でクリスマスムードを先取りできる。<期間:10/22(土)、時間:15:00~、大丸山森林公園(広尾町字広尾689)、電話:01558-2-0177(広尾町北方圏交流振興会)>

■ 鹿追そば祭り

鹿追町産の新そばを楽しめるグルメイベント。町内のそば店による手打ちそばの他、トッピングに天ぷらも。そば打ち体験講習、そばの早食い大会も行われる。<期間:10/29(土)、30(日)、時間:9:30~15:00、会場:道の駅しかおい特設会場(鹿追町東町3)電話:0156-66-4034(鹿追そば祭り実行委員会)>

※状況により中止となる場合がございます。参加の際は事前にご確認の上おでかけください。【北海道ウォーカー】

最終更新:9/16(金) 18:32

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。