ここから本文です

うどん県副知事・要潤が「イクケン香川」をPR!

Smartザテレビジョン 9/16(金) 18:55配信

香川県は、9月16日(金)より「日本一子どもを育てやすい県」を目指し、それを県内外にPRする「イクケン香川 2016」を始動。それに合わせて、「うどん県」副知事・要潤が出演したイクケンムービーを公開している。

【写真を見る】要潤がうどんをすする音に、赤ちゃんが意外な反応を見せる!

次代を担う子供たちを安心して生み、健やかに育てることができる「子育て県かがわ」の実現を目指し、結婚から妊娠・出産、育児まで切れ目ない支援を行っている香川県。

温暖で災害が少なく、コンパクトな中に都市の利便性と豊かな自然が調和した、子育てに最適な環境であることから、'15年より「日本一子どもを育てやすい県」を目指し、それを香川県内外にPRする「イクケン香川」情報発信事業を展開している。

昨年は「赤ちゃんが胎内で聞いていた母親の腸や心臓の音と、うどんのすする音が似ている」という観点から、うどん県の県民が奏でる「ずずずっ」という音によって赤ちゃんが泣きやむというPRムービーを公開し、大きな反響を呼んだ。

そして今回、そんなうどんの隠された力を実証するべく、「うどんをすする音で本当に赤ちゃんが泣きやむか?」を検証するムービーを制作。要潤が泣いている赤ちゃんを探し歩き、赤ちゃんの目の前でうどんをすすり、泣きやませることに挑戦していく。

名物・讃岐うどんと「子育て県」という、県の魅力が意外な形でコラボした今回の動画。驚きの検証結果にも注目だ。

最終更新:9/16(金) 18:55

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。