ここから本文です

「かもめ食堂」荻上直子が描く吉岡秀隆主演ドラマ放送

Smartザテレビジョン 9/16(金) 19:28配信

NHK BSプレミアムでは、'17年1月18日(水)放送予定の山口発地域ドラマ「朗読屋」(夜10:00-11:00)の制作開始と出演者を発表した。

【写真を見る】出演が決まった吉岡里帆

主演は吉岡秀隆で、「かもめ食堂」('06年)や「めがね」('07年)、「トイレット」('10年)などで知られる荻上直子が脚本を担当する。

その他、吉岡里帆、緒川たまき、市原実日子、前野朋哉、富岡英里子、山下真司、市原悦子らが脇を固める。

本作は、突然妻に去られて眠れない日々を過ごす主人公は深夜、ひょんなことから“24時間図書館”を訪れる。山口出身の詩人・中原中也の詩を愛する老婦人と過ごすひとときの中で、男は妻の思いを知ることになるという物語。中原の詩を軸に山口県の美しい風景と朗読が響き合うファンタジックな構成となっている。

荻上は「毎晩、子供が寝る前に絵本を読み聞かせています。今回のお話は、そんな経験から生まれたアイデアです。中原中也の詩は胸に刺さります。イタイです。一生懸命“生”にしがみついている人間の苦しみが、そこにあるような気がします。

それは、もしかしたら誰もが感じることだから、胸にとげが刺さったようにイタイのでしょうか」とコメントを寄せている。

吉岡は「中原中也をドラマで朗読できる、喜びと緊張の中にいます。荻上さんの、どこか柔らかな異空間と中也の悲哀ある世界観が優しく胸に響きました。山口の皆さんに喜ばれるような、地域発だからこそできるドラマになるよう、丁寧に演じたいと思います」と意気込んだ。

最終更新:9/16(金) 19:28

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。