ここから本文です

旬の「しいたけ」は冷凍保存でおいしさキープ!

東京ウォーカー 9月16日(金)21時0分配信

しいたけの名前の由来は、シイの木に多く生えていたことから。栽培の始まりは、江戸時代。切った木を利用する原木栽培と、おがくずを固めて使う菌床栽培がある。どんな料理にも合い、加熱すると香りとうまみがアップする。購入したら、その日に使わない分は冷凍保存するのがおすすめ。

【写真を見る】汚れは、調理前や保存前にさっと拭くだけに。水につけると香りや風味がとぶので注意を



■ 【選び方】

かさが肉厚で、丸みがあり、縁の巻き込みが強いものを選んで。また、裏側のひだがきれいで白いもの、軸が太くて短いものが良品。

■ 【栄養】

低カロリーでミネラルや食物繊維が豊富。特にビタミンB群が多く、多糖類のβ-グルカンには免疫力を高める効果も。日光に当てるとエルゴステロールという成分がビタミンDに変化し、カルシウムの吸収率が高まる。

■ 【しいたけの下ごしらえ法】

水につけると香りや風味がとぶので、汚れを落とす場合には、少し湿らせたペーパータオルでさっと拭き取る。軸の先端のかたい部分が石づき。軸にも栄養が含まれているので、表面のかたく汚れている部分だけを切り落とすか、包丁でそぎ取る。

■ 【冷凍保存する場合】

使いやすい形に切って、冷凍用保存袋に入れ、冷凍室へ。1~2週間保存可能。調理するときは、水けが出ないように凍ったまま使って。

今や1年じゅうで回っている人気の食材だが、しいたけの旬は秋! おいしい時期に、おいしく食べよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9月16日(金)21時0分

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

里山&里海へ1dayトリップ
秋のイベント大収穫カレンダー
いしかわまるごとWalker
築地市場へ行こう

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]