ここから本文です

気になる!知りたい!みんなの「働き方」事情

東京ウォーカー 9/16(金) 22:00配信

あなたが働くのは家計のため? それとも自分のやりがいのため? みんなの働き方に関する考え方を探ってみました!

【写真を見る】上司との関係で「辞めてやる!」と思う人が多数



■ ●現在、働いていますか?

65%が「はい」、35%が「いいえ」と回答し、働いている人のほうが多いことが分かりました。そこで現在の働き方を聞いたところ、「パート・アルバイト」が最も多く50%、次いで「正社員」が33%という結果に。家事や子育てなどと両立するために、勤務時間や休みの融通が利く働き方を選ぶ人が多いようです。また働いていない人に、今後働く予定があるかを尋ねると、半数の人が「ある」と回答。今は育児休暇中などで休んでいるけれど、いずれは職場復帰したいと望む人も多いようです。

■ ●働き方で重視しているのは?

第 1位は「仕事内容」。「パン作りが趣味なので、パン屋さんに」(大分県 O・Y)、「調理師免許を生かしたい」(三重県 I・M)など、自分の興味や得意分野の職であることが条件のようです。また第 2位に「給与・待遇」、第 3位に「通勤時間」がランクイン。「子どもの帰宅時間を優先したシフトにしてくれる」(愛知県S・A)や、「家から10分以内で通いやすいこと」(大阪府 A・Y)なども、働くうえでの重要ポイントに。

■ ●今の職場に満足している?

今の職場で長く働いている人が多く、「定刻どおり退社できるので、家事も余裕を持ってできる」(熊本県F・R)や、「子どもの学校行事に参加できるように優遇してくれるので働きやすい」(北海道 T・E)など、家事や子育てと両立できている点が大きそう。一方で、「自分の時間が一切なくイライラしてしまう」(千葉県S・H)、「子どもがいることを理由に昇格させてくれない」(千葉県 K・R)と不満を抱えている人も。

■ ●あなたが働いている理由は?

ダントツで多かったのが、「生活費のため」(兵庫県T・T)という声。「専業主婦が理想だけど、夫の給料だけだと生活が苦しいから」(茨城県 H・Y)、「子どもの塾代を稼ぐため」(群馬県 U・C)などの理由が多く寄せられました。また、「自分の自由になるお金が欲しい」(岐阜県 E・J)、「社会貢献や自身のスキルアップのため」(熊本県 Y・H)、「家族経営なので必然的に」(青森県 S・R)という人も。一方、働いていない人にその理由を聞くと、「経済的に困っていない」(奈良県 K・K)という意見のほかに、「子どもがまだ小さくて預けられないから」(東京都 S・A)や、「持病があるので働けない」(愛知県 I・R)などの声も寄せられました。

■ ●どんなときに仕事のやりがいや喜びを感じますか?

「コンビニで接客をしていて、お客さんに『ありがとう』や『感じがいいね』と声をかけてもらったとき」(香川県 S・M)や、「デイケアでリハビリの仕事をしていますが、お年寄りの患者さんから、体がよくなったとか、リハビリが楽しみといわれるとうれしくなる」(大阪府 A・Y)など、誰かから感謝してもらったときが最も多いよう。また、「経理の仕事で、数字がぴったり合ったときは気持ちいい」(神奈川県 A・N)、「忙しい中でも、ノルマをきちんと果たせたとき」(岐阜県 E・J)など、目標が達成できた瞬間を挙げる人や、「仕事に見合った給料をもらったとき」(北海道 M・A)など、よい評価をもらったときを挙げる人もいました。

■ ●辞めてやる!と思ったことはありますか?

上司との関係が原因で、辞めたいと思う人が多数。「指示どおりにきちんとやっているのに、駒扱いしかされないから」(千葉県 S・H)や、「いきなり出勤を頼まれたり、無理なシフトを出されたりするとき」(愛知県 M・C)などの声が寄せられました。そのほか、「職場の人間関係がうまくいかないとき」(大分県O・Y)、「給料明細を見て、金額の低さにがく然として」(神奈川県 A・N)や、「子どもに、『お母さん、家にいて』といわれると……」(新潟県 U・K)などさまざま。

■ ●仕事でたまったストレスの解消法は?

「晩酌のビールで、すべてその日のうちに解消!」(宮崎県 S・A)と、「お酒」を挙げる人が多く見られました。「たっぷり寝る」(香川県 S・M)や、「友達とランチしたり、お茶したりして愚痴をいい合う」(福井県 Y・N)なども多数。そのほか、「疲れていても、仕事帰りに大好きなウォーキングをする」(東京都 K・A)、「ショッピングや旅行に行く」(山口県 T・K)など、趣味で発散する人も。それぞれがうまくストレスを解消して、日々の仕事に備えているようです。



家族のために働くのも、お酒でストレス解消するのも、もはや男性だけではないことが明らかに!?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:9/16(金) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。