ここから本文です

VR元年宣言の東京ゲームショウでプレステVRにチャレンジ!?

東京ウォーカー 9/16(金) 23:32配信

9月17日(土)・18日(日)に開催される日本最大のゲームの祭典「東京ゲームショウ2016」(9月15日・16日のビジネスデイは終了)。20周年を迎える記念すべき祭典となった2016年、最大の目玉は何と言っても話題のVR(バーチャルリアリティー)だ。VR元年を宣言する本祭典には過去最多の600を越えるメーカーや団体が出展、VR機器やそれを用いて楽しむ新作ゲームが数多く出揃った。

【写真を見る】美人コンパニオン&コスプレイヤー大集合!

中でもソニー・インタラクティブエンタテインメントが10月13日(木)に発売する予定の「PlayStation VR」が試遊できるブースは、ビジネスデイのこの日も大人気で早々に整理券の配布が終了してしまった。そしてキャンセル待ちの行列ができるほどだった。

また、スクウェア・エニックス等の人気メーカーのブースでは最大待ち時間が180分オーバーとなっていたり、話題の機器やゲームをいち早く楽しみたい人でごった返していた。

どうしてもこれらの機器やゲームを体験してみたい方は早朝から並ぶ(徹夜厳禁!)覚悟が必要で、特に「PlayStation VR」は是が非でもやりたい方が多いだろうが、整理券入手は激戦必至だ。しかしながらVRが楽しめるのは「PlayStation VR」だけではない。整理券なしで遊べるブースもかなりあり、ホール10のVRコーナーが狙い目になるかも。

各メーカーのブースにはもう1つの楽しみがある。コンパニオンやコスプレイヤーたちの存在だ。9月17日・18日のみコスプレエリアも開設されるので、ゲームよりもこちらを楽しむ方もいるに違いない。ただしマナーとルールはしっかり守ろう!

一般公開は相当の混雑が予想され、あいにく両日ともに曇りで小雨がぱらつく予想だ。ホールは冷房が入っているが、開放部分も大きいのでかなりの蒸し暑さを感じた。人の多さと湿度の高さから熱中症には十分に気を付けたい。対策として水分・塩分の補給をこまめにしてもらいたい。

最新ゲームや機器を試遊する以外にも、イベントブースや小学生以下・中学生以下のみが遊べるエリアもあり、大人も子供も楽しめる「東京ゲームショウ2016」。是非、週末のおでかけ候補の1つに入れてみてはいかがだろうか。【ウォーカープラス】

最終更新:9/17(土) 22:09

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。