ここから本文です

病院選びは命の長さを選ぶのと同じ<情報戦でがんに克つ>

幻冬舎plus 9月16日(金)6時0分配信

高山 知朗

 30歳でIT企業を興して経営者となった高山知朗さん。ところが猛烈に働いていた40歳の時に脳腫瘍、さらに42歳の時に白血病と、2回の異なるがんを経験します。5年生存率はそれぞれ25%と40%、かけ合わせると10%という低い確率です。しかし高山さんは手術、放射線治療、抗がん剤治療の西洋医学のみで寛解し、45歳の今日まで生き延びているのです。
『治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ』では高山さんが2度の闘病経験から学んだ、病を生き抜くヒントを丁寧に解説しています。今回は「病院を決める」の一部を試し読みとして公開します。どんな病院ならがんに克てる治療をしてくれるのか。高山さんが出した結論とは!? 

 * * *

≪病院を決める≫
☆病院選びの視点(脳腫瘍のような固形がんの場合)

 がんの治療において、病院選びは非常に重要です。私のケースのように、5年生存率が3倍も違ってくることがあります。

 病院選びで一つ参考になるのは、ネットや雑誌に掲載されている「病院ランキング」でしょう。患者数や症例数、手術件数などを、全国あるいは都道府県ごとに集計して順位付けしているものです。患者数が多いということは、それだけ治療のノウハウが蓄積されていると考えられます。手術件数が多いということは、それだけ外科医の腕が磨かれているはずです。
 でも、本当に重要な情報は、各病院での治療成績、つまり5年生存率ではないでしょうか。そしてその裏付けとなる治療方法や手術設備などの定性的な情報です。しかし、こうした情報はなかなか表には出てきません。
 例えば、脳腫瘍のような固形がんの場合は、転移がなければ外科手術が治療のメインとなります。すると、設備や経験によって、治療成績、つまり5年生存率が大きく異なることがあるのです。グリオーマであれば、術中MRIの有無とそれに基づく手術件数が非常に重要です。これらが生存率を左右すると言っても過言ではありません。

 でもこうした情報は、病院ランキングには出てきません。どうやって情報を見つければいいのでしょうか。
 信頼できる情報源の一つは、各病院のホームページです。術中MRIなど、先進的な設備や治療法を採用している病院は、そうした取り組みをホームページで紹介していることが多いようです。
 私が治療を受けた女子医大病院のホームページでは、術中MRIを使った情報誘導手術の概要をはじめ、グレードごとの症例数、生存率、腫瘍摘出率などの詳細なデータまで公開されています。まさに患者が本当に知りたいデータです。

 病院ごとにホームページでの情報開示のレベルはさまざまですが、治療内容に自信のある病院ほど、より多くの情報を公開しているように感じます。治療成績(生存率など)のデータまでは公開されていなくても、設備や治療法についての情報が見つかれば、病院を比較検討する際の参考になります。
 病院ランキングで目に留まった病院のホームページにアクセスして、こうした情報を探してみましょう

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)6時0分

幻冬舎plus