ここから本文です

広瀬すず、姉には「お風呂の順番とか、ソファに座る位置で絶対負けたくない!」

週刊女性PRIME 9/16(金) 5:00配信

 ここのところドラマに映画にCMと、女優として大躍進を遂げる18歳・広瀬すず。

「これまでテレビで見ていた方たちに、私の出演作を見たって言ってもらえることが増えて。“えっ!?  この芸能人の方が見たって言ってる、すごい!”って、感激してしまいました(笑)。最近は斉藤由貴さんに“すずちゃ~ん! 見たよ!”って言ってもらえて、すごくうれしかったです」

 目を輝かせながらインタビューに答える姿は、何とも愛らしいが、役者スイッチが入ると、その表情は一変する。

 映画『ちはやふる―上の句・下の句―』では、ひざが畳で擦り切れるほど競技かるたの練習を重ね、来春公開の『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』では、1日6時間踊り続けるなど、その集中力はすさまじい。

 公開中の映画『四月は君の嘘』でも、自由奔放にメロディーを奏でるバイオリニストを演じるために猛練習を重ねたそう。

「本当にゼロの状態からスタートしました。バイオリンはおろか、楽器なんて触れたことすらなくて……。小学校の音楽発表会でちょっとやったくらいかな。しかも、そのときはトライアングルだったんですが、キーンって結構響くので、鳴らすタイミングをひたすら隣の子に聞いてました(笑)。

 バイオリンは何度練習しても納得いくことなんてないんです。自分が弾いている姿を見て、違和感というか何か気持ち悪さがあったら、もう1回、2回、3回、4回……って。監督にOKを出されても“もう1回!”と、そこだけはワガママを聞いてもらいました」

 音楽の経験がなかったからこそ、現場では何度も何度も反復練習を続けた広瀬。その姿を見た監督からは“負けず嫌い”とも言われていたけど、その性格は昔から? 

「そうですね。小2でバスケをやり始めてからかな。監督が異常に厳しかったというのもあるんですが、負けるのがイヤというか。そこからです、やり始めたら周りが見えなくなるというか、たとえ何かを言われようと目標を決めたらそこに近づくまでやるってなったのは」

1/2ページ

最終更新:9/16(金) 5:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)