ここから本文です

【最終回記念】『こち亀』コミックス全200巻が亀有駅をジャック

KAI-YOU.net 9/16(金) 18:02配信

9月17日(土)に最終回を迎える漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こち亀)のコミックス200巻刊行を記念し、JR東日本の亀有駅で『こち亀』駅ジャック広告が9月17日(土)から30日(金)まで展開される。

【写真をすべて見る】駅構内の床も壁も階段もエスカレーターも両さんたちがジャック

期間中は、『こち亀』歴代コミックス200巻すべての表紙・背表紙で、亀有駅構内の床面や壁面、階段、エスカレーターなどあらゆる場所がジャックされるという、亀有駅では初の広告ジャック展開となる。

そのほか、主人公の「両さん」こと両津勘吉をはじめとしたメインキャラクターによる200巻押し売り広告も掲示される。

(C)秋本 治・アトリエびーだま/集英社

※画像はすべてイメージです

最終更新:9/16(金) 18:02

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。