ここから本文です

「真の“スペシャル・ワン”はモウリーニョではなく、ペップだ」 マンU英雄が持論を展開

Football ZONE web 9/16(金) 7:50配信

今季からプレミアで鎬を削るペップとモウリーニョ

 マンチェスター・ユナイテッドの英雄であるロイ・キーン氏が、今季からマンチェスター・シティに就任したジョゼップ・グアルディオラ監督に賛辞を贈っている。英紙「デイリー・メール」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今季からジョゼ・モウリーニョはユナイテッド、そしてペップはシティの指揮官にそれぞれ就任。プレミアリーグ開幕から互いに3連勝と好調をキープし、晴れて第4節で「マンチェスター・ダービー」の直接対決を迎えたが、2-1でペップ・シティに軍配が上がった。

 世間的にはモウリーニョ監督が“スペシャル・ワン”として認知されている一方で、キーン氏にとってそれはペップであると持論を展開している。

「モウリーニョは、自分がスペシャル・ワンだと思っている。しかし、私にとって、それはグアルディオラだ。私は、彼が最初にシティへとやって来た瞬間が大事だったと考えている。彼はチームからとても重要な2、3人のキャラクターを取り除く決断をした。ハートやトゥーレ。彼は決断したんだ。彼は自身を挑戦的な指揮官だと言っている。怠けるような男には見えないね」

 シティは14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節でボルシアMGに4-0と圧勝。開幕から公式戦全勝を収め、他の追随を許さぬペップこそが“スペシャル・ワン”であると考えている人も、少なくないのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/16(金) 7:50

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。