ここから本文です

「音楽配信は金曜日に」に、正義はあるか

WIRED.jp 9月16日(金)7時10分配信

ブリトニー・スピアーズの新しいアルバム『グローリー』が先ごろリリースされた。彼女のファンはオンラインで購入しただろうし、さらに熱心なファンならば、レコード盤を探し回ったかもしれない。いずれにせよ、彼らは「火曜日に購入しなかった」。
それは、2015年7月に「New Music Friday」が業界の標準になったことからはじまった。

【毎週金曜日にあなた好みの新作を集めておすすめしてくれる、Spotifyの新しいアルゴリズム】

▼決戦は、金曜日

その「業界標準」の狙いは、こうだ。リリース日が金曜日に移行することで、音楽の流通がグローバルで統一されて著作権侵害に見舞われることが少なくなり、結果としてすべての関係者の売り上げが増える──。しかしこの1年で、あるストリーミングプラットフォームは「独占配信」をし、あるいはあるアーティストはストリーミングでのアルバム配信を取り止めた。そうした「売上げ」の可能性を減らすような例が、いくつもあった。

それから1年後のいま、金曜日への移行は役立っていたのかといわれると…明言はできない。

そもそも昨年以前は、グローバルでみると音源のリリース日は、同じ週だとしてもバラバラに設定されていた。英国では月曜日に、日本では水曜日に、ドイツとオーストラリアでは金曜日にリリースされる、といった具合だ(米国では、1989年に月曜日から移行して火曜日のリリースになったが、それは主に物流の問題が大きい。レコードやカセット、CDは週末に出荷され、月曜日に到着し、翌日に棚に並べられることになった)。

デジタルフォーマットが、人々が音楽を購入する(時として「盗む」)やり方として一般的なものになるにつれて、リリース日が異なることは、単なる不都合なだけでなく脅威へと変わった。

「とりわけメジャーなリリースに関してだが、ドイツとオーストラリアで早くリリースした場合、リークされ、あるいは収益につながらないことになる」と、コロンビア・レコードの元幹部で2014年にPandoraのヴァイスプレジデントに就任したラーズ・マレーは言う。

ロンドンを拠点とする事業者団体、国際レコード産業連盟(IFPI)は、レコード会社がオンラインのコンテンツをリリースするやり方に最適化が必要だと理解していた。彼らは、世界中でリリース日をいずれか決まった1日にすれば、著作権侵害の問題を防止するのに役立つと期待した。そこで2015年7月、IFPIは、60カ国を対象に、リリース日を統一した。

そして、以来、ニューリリースのほぼすべてが、世界中で金曜日に出ることになった。金曜日をリリース日にするという選択はまた、映画が金曜日に封切されるのと同じ理由で理にかなっていた。つまり、消費者は週末に音楽を購入する傾向が強いのだ。

デジタルにおける収益は、2014年時点で、世界的に見てフィジカルの収益に等しくなっている。RIAA(アメリカレコード協会)は2016年、ストリーミング売上をレコード売上と同様に扱うという方針を進めた。リリースを金曜日に移行することで、業界にとって万事うまくいくことになるはずだと、理論上では思われた。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)7時10分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)