ここから本文です

18歳新星がアメリカ人の心鷲掴み!? 米誌「我々は大坂なおみが本当に好きだ」

THE ANSWER 9/16(金) 23:14配信

全米オープン3回進出

 テニスの全米オープンの女子シングルスで初出場ながら3回戦に進出した大坂なおみがアメリカ人の心を鷲掴みにしたと米メディアが伝えている。

【画像】写真で振り返る錦織圭の今シーズン大会成績

 最速200キロ超えのサーブを見せるなど強烈な印象を残した18歳はコート上で垣間見せた素顔も人気を博しているようだ。米誌「スポーツ・イラストレイレッド」電子版が報じている。

 同誌は「2016年の全米オープンから50の雑感」との特集の中で、女子テニス界の注目株となった大坂をピックアップ。「我々は大坂なおみが本当に好きだ。彼女が試合後のコメントで“パニクった”とか、“きゃー”などのフレーズを使うからだけではない」とレポートし、今年の全豪オープン、全仏オープンで3回戦進出を果たしたこと、全米オープン3回戦では世界ランク9位で第8シードのマディソン・キーズ(米国)を追い詰めたことなどを紹介している。

 そのプレーぶりだけでなく、天真爛漫なキャラクターも人々の心を惹きつけているようだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9/16(金) 23:31

THE ANSWER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。