ここから本文です

ホークスOBが広島カープに贈る「優勝からCSまでの過ごし方」

webスポルティーバ 9/16(金) 11:53配信

 9月15日、カープが地元・広島に凱旋を果たした。広島駅には2000人を超すファンが詰めかけ、真っ赤な歓喜の熱が再び沸騰した。なんせ25年ぶりのリーグ優勝である。いつまでも喜びに浸っていたいと思うのが人情だろう。しかし、ふと現実に立ち返ったとき、ひとつの不安が押し寄せてくる。

【写真】貴重な一発で何度もチームを救ったエルドレッド

「日本シリーズ、行けるんかね~」

 次に見据えるのは、1984年以来となる32年ぶりの日本一だ。そのためには、当然ながら10月12日に開幕するクライマックスシリーズ(CS)ファイナルを勝ち抜かなければならない。

 これがじつに厄介なのである。カープは9月10日に圧倒的な強さでセ・リーグ制覇を成し遂げたため、CSファイナルまで約1カ月のブランクができてしまった。もちろん、ペナントレースはまだ残っているが、いわゆる消化試合のなかで、果たしてどこまで緊張感を維持できるのだろうか。

 かつてポストシーズンの壁に何度も苦杯をなめてきたのがホークスだった。パ・リーグは04年に「プレーオフ制度」(07年よりセ・リーグも実施されCSに改称)が導入されたが、ホークスはダイエー時代だったその年をはじめ、ソフトバンクとなってからも05年、10年と、計3シーズンもペナントレース1位ながら、ポストシーズンで敗れ日本シリーズ進出を逃している。11年に初めて突破するまで、CS(プレーオフを含む)で6度も敗退。ホークスにとっては、まさに“鬼門”だった。

「NO MORE 10月の悲劇」――カープがホークスのような悪夢を見ないために必要なものは何か? また、当時のホークスに何が起きていたのか?

 当時、絶対的エースだった斉藤和巳氏、主力野手だった柴原洋氏のふたりに、当時の舞台裏、そしてカープがCSまでの1カ月ですべきことは何なのかを聞いた。

●斉藤和巳氏

 今年のカープでいちばん目立ったのは打線でした。正直、ここまで打つとは、開幕前はまったく想像できませんでした。優勝決定の試合は、ヤフオクドームで解説の仕事をしたあと、そのまま残ってテレビで見ていました。黒田(博樹)さんの涙はグッときましたね。それに緒方(孝市)監督のインタビューもすごく印象的でした。

 今年のCSファイナルは10月12日から。やはり、簡単な戦いではないと思います。セ・リーグ王者としてCSに挑むのは、当然、初めての経験ですからね。どれだけ頭をひねって対策を立てても、そのときにならないとわからないことがあるんです。

 僕たちが初めてプレーオフを戦った04年が、まさにそうでした。情報もノウハウもまったくないわけですから。あの年は、ペナントレース最終戦からプレーオフ初戦まで中12日空きました。公式戦を戦っているうちはまだよかったんですけど、練習ばかりの日が続くと緊張感を保つのが難しくなってきました。

 時間が長く感じるというか、とにかく変な感じです。レギュラーシーズン1位(※)になってホッとした部分があったのも事実でしたし……。だって、長いシーズンを戦って1位になることの方が難しいじゃないですか。短期決戦はどっちに転ぶのかわからない戦いですからね。※当時は1位通過というだけで、リーグ優勝は最終的にプレーオフを勝ち抜いたチームに与えられた

1/3ページ

最終更新:9/16(金) 11:53

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。