ここから本文です

島崎遥香、新作センター決定でAKB48卒業も決定的? “アゲアゲソング”にセールス惨敗を危惧する声も

おたぽる 9月16日(金)19時0分配信

 11月16日に発売予定の、AKB48・46枚目のシングル(タイトル未定)の選抜メンバー22名が今月15日に発表され、センターを島崎遥香が務めることが明らかとなったのだが、ファンの間では、「この曲で卒業か?」と、ささやく声が増している。

島崎遥香、総選挙惨敗危機に「シャレにならない!」とファン焦る 「最終的に、秋元康の鶴の一声で?」の声も

 一部報道で「卒業する意志を固めた」とも報じられている島崎がセンターを務めるのは、昨年5月に発売された、AKB48・40作目のシングル「僕たちは戦わない」(キングレコード)以来、約1年半ぶりとなるのだが、島崎といえば、今月12日から放映されている、『バイトル』CM中での“卒業発言”が「AKB卒業を示唆しているのでは?」と話題となっていたが……。

「『バイトル』の新CM『(バイト)卒業前』篇では、神妙な面持ちをした宮脇咲良に『ぱるるさん、辞めちゃうんですか?』と訊かれた島崎が、『ここでいろいろ経験して、やりたいことがわかったの。だから、辞めるんじゃなくて、卒業だよ。次に進むことに決めた』と答えているのですが、CM内ではカフェスタッフという設定なものの、“卒業”というのがAKB48から卒業することを、“次に進む”は、かねてから明言している女優業へと本格的に進むことを示唆しているのではないか、とファンがざわついている中での、新曲センター決定に、『かなり高い確率で、卒業だろうな』と落胆する声や、『こじはるより先なのでは?』と、6月に行われた総選挙で卒業することを明言したものの、具体的な卒業時期は未定で、今後、卒業ビジネスを展開していくと見られる小嶋陽菜よりも先に、あっさりと卒業してしまうのではないか、と指摘する声も多いようです」(芸能関係者)

 島崎が前回センターを務めた「僕たちは戦わない」は、初日だけで推定売上枚数約147万2,000枚という驚異的なセールスを記録していたのだが、今回の新曲は、島崎いわく「聞くところによると、アゲアゲソングと聞いています」ということで、「ぱるるのイメージと全然合わないじゃん」「セールス大丈夫?」などと懸念する声も広がっている。

「島崎の発言を受けて、指原莉乃が、『えー! こんなに本人はサゲサゲなのに?』と驚きと不安の入り混じったような声を上げていたのですが、島崎といえば以前から、誰に対してもテンションの低い塩対応をすることで有名ですから、指原が不安に思うのも仕方がありません。先月31日に発売された『週刊少年マガジン』(講談社)でも、総選挙で選ばれた上位8名のうち7名が水着姿で表紙を飾っているものの、島崎だけが何故かワンピース姿という塩対応ぶりを見せていただけに、ネット上では『有終の美どころか、セールス大惨敗の可能性も?』『蓋を開けてみたら、サゲサゲソングになってそう』などと揶揄する声が飛び交っています」(同)

 しかし、「週刊少年マガジン」の表紙では、1人だけワンピース姿だったことで、逆に目だっていただけに、「実は目立ちたがり屋?」「計算高いのでは?」などと腹黒さを指摘する声も少なくない。

最終更新:9月16日(金)19時0分

おたぽる