ここから本文です

秋雨前線が停滞する季節、むくみ解消に効果的な「緑豆」の魅力とは

オトナンサー 9/16(金) 17:00配信

 美容やダイエットに効果があるといわれる豆類ですが、漢方美容家で韓方(はんばん)薬膳料理研究家の余慶尚美さん一押しは赤の「小豆」、黒の「黒豆」、茶色の「大豆」。余慶さんは「小豆は水分デトックス、黒豆は血流改善と抗酸化作用、大豆は女性ホルモン様作用とうれしい効能ばかり。少量でも毎日食べたいですね」と話します。

 その中でも、余慶さんが「今年の注目」に挙げるのが「緑豆(りょくとう)」。韓国や台湾で絶大な人気を誇り、スイーツやおかゆ、お茶などさまざまな料理に使われるそうです。小豆より水分デトックス作用が穏やかで体に優しく、ゆで汁も癖がなくて飲みやすいのだとか。

 緑豆は食物繊維やミネラルも豊富に含んでいるため、余慶さんは「デトックス作用はもちろん、秋雨前線が停滞するこの季節、むくみ解消にも効果的です」と話します。

血流改善に効果的な甘酒と一緒に

 それでは緑豆はどのように調理したらよいのでしょうか。

 余慶さんのお薦めは「ぜんざい」。作り方は簡単で緑豆を1~2時間、水につけた後、水から30分ほど火にかけて甘酒を入れるだけ。余慶さんは「甘酒は飲む点滴とも言われ、気を養い、渇きを潤し、血流改善にも効果的。ぜひ『緑豆甘酒ぜんざい』を試してみてください」と話します。

 緑豆を普通に煮てお茶として飲む方法や、保温できる水筒に洗った緑豆を入れ、熱湯を注いでひと晩置き、「緑豆茶」として豆ごと一緒に食べる方法もあるそうですよ。

オトナンサー編集部

最終更新:9/16(金) 17:00

オトナンサー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。